スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

A Touch of Dead by Charlaine Harris


A Touch of Dead: A Sookie Stackhouse NovelThe Complete Stories (Sookie Stackhouse/True Blood)A Touch of Dead: A Sookie Stackhouse NovelThe Complete Stories (Sookie Stackhouse/True Blood)
(2009/10/06)
Charlaine Harris

商品詳細を見る


Sookie Stackhouse: The Complete Stories


数日前に Sookie Stackhouse/True Blood シリーズ、リリースされている作品を全てオーディオブックで聴き終わりました。いやぁ?面白かったです!とってもとっても楽しめました♪♪ 次の作品が待ちきれません!!!!
最後に聴いた “A Touch of Dead” では Sookie Stackhouse/True Blood の5つのショートストーリーが楽しめます。


簡単なあらすじを書いてみました。


Fairy Dust

妖精の三つ子 Claude, Claudine & Claudette のお話です。
Claudette が何者かに殺害されます。犯人を突き止めるため、 Claude と Claudine は Sookie に協力を求めます。
このストーリーを聴いて本編で疑問に思っていた事が明らかになりました♪
“Fairy Dust” は #4 Dead to the World の後のお話です。


Dracula Night

Eric は Fangtasia で開かれる Dracula のバースディ・パーティーに Sookie を招待します。
Dracula は Eric の “ヒーロー” のため、 Eric の意外な一面がこのお話では見れます。そんな Eric を目の当たりにした Pam の冷めたコメント、態度にくすっと笑えます。
しかし当の “Dracula” は・・・
このセレブレーション・パーティーは #5 Dead as a Doornail の前です。


One Word Answer

Sookie はいとこ Hadley の死を Mr. Cataliades (ハーフ・デーモンの弁護士)に告げられます。
Mr. Cataliades と一緒にやって来たのはドライバーの Waldo (ヴァンパイアー) と思いがけない人物・・・
Hadley の死の真相が明らかになります。
“One Word Answer“ は #5 Dead as a Doornail の後のお話です。


Lucky

ボンタン(ルイジアナ州北部の小さな田舎町)のインシュアランス・エージェントの頼みを聞き入れて Sookie と Amelia (ウイッチ/Sookie の 友達) は Greg (Sookie のインシュアランス・エージェント) を悩ます人物の正体をを突き止めます。
“Lucky” は #7 All Together Dead の後のお話です。


Gift Wrap

ロンリーなクリスマスイヴを過ごしていた Sookie は所有地の森を散歩していて、傷ついたウェアウルフを見つけます。
実はこのウェアウルフは・・・
そして翌日には思いがけない嬉しいゲストが Sookie をを訪れます。ロンリー クリスマスから一転して忘れられないクリスマスに・・・
“Gift Wrap” は #9 Dead and Gone の前のお話です。



本編とは関わりの少ないお話もありましたが、これらのショートストーリーを聴いて、本編を聴いていて「ん????」って思っていた事が明らかになり、すっきりしました。 (^o^)/
一番のお気に入りはやっぱり “Dracula Night” ですが、 “Gift Wrap” もとっても楽しめました♪


★★★★☆


スポンサーサイト

テーマ : 洋書
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

Ad
プロフィール

JJゆい

Author:JJゆい
True Blood(ドラマ&小説)他、多数のロマンス小説&海外ドラマに嵌っています。感想ですが本によっては英語になっています。

アンケート
Amazon.co.jp
カテゴリ
ブログ★ランキング
Twitter
最新コメント
リンク
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。