スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

A Knight in Shining Armor by Jude Deveraux

A Knight in Shining ArmorA Knight in Shining Armor
(2002/12/01)
Jude Deveraux

商品詳細を見る


Abandoned by a cruel fate, lovely, thoroughly modern Dougless Montgomery lay weeping upon a cold tombstone in an English church. Suddenly, as if in answer to her prayers, the most extraordinary man appeared.
He was Nicholas Stafford, Earl of Thornwyck...and according to his tombstone he had died in 1564. Tall, broad of shoulder, attired in gleaming silver and gold, he was magnificent. Drawn to his side by a bond so sudden and compelling it overshadowed reason, Dougless knew that Nicholas was nothing less than a miracle: a man who would not seek to change her, who found her perfect, fascinating, just as she was.
Yet she could not imagine how strong were the chains that tied them to the past...or the grand adventure that lay before them....




この作品、 Amazon のレビューがとても良かったので購入(確か数百人の方が星5つの評価をつけていたと思います)、その後長??い間、積読本状態でした。(笑) 
昨夜、読み終わったのですが、残念ながら私の好みではありませんでした。大多数のレビューアーが高い評価をつけているので、きっと私はごくごく少数派だと思います。(笑)


好きになれなかった理由ですが、ヒロインが余りにも泣き虫すぎて、ちょっと私のテイストに合わなかったのと、何よりもエンディングに酷くがっかりさせられたからです。
ラストがニコラスとダグレスのハッピーエンドだったら、評価★★★1/2か★★★★にしたと思いますがが、この終わり方ではちょっと・・・
ダグレスは16世紀から20世紀に戻った翌日に、ニコラスの生まれ変わり/彼の末裔に出逢い、新たな恋が芽生えてハッピーエンドになりそうな雰囲気で終わったので良かったのかもしれませんが、(でも、ニコラスと別れたばかりなのに、そんなに簡単に心変わりができるのかな??)ニコラスの事を思うと可哀想で、可哀想で・・・ (涙)
一人16世紀に取り残され、ダグレスを失った悲しみの中、35年間彼女のことだけを思い続けて、一人寂しく余生を過ごしたのかと思うと悲しくて、悲しくて・・・
結局はどんなに二人が愛し合っていても、400年の時の隔たりを乗り越える事ができなかったという非常に淋しく悲しいエンディングは、なんだか後味が悪くて、この本を読まなければよかった・・・と後悔しています。
ラストは二人のハッピーエンドだと確信していただけに、このエンディングはなおさら辛かったです。


★☆☆☆☆


スポンサーサイト

テーマ : 洋書
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

Ad
プロフィール

JJゆい

Author:JJゆい
True Blood(ドラマ&小説)他、多数のロマンス小説&海外ドラマに嵌っています。感想ですが本によっては英語になっています。

アンケート
Amazon.co.jp
カテゴリ
ブログ★ランキング
Twitter
最新コメント
リンク
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。