スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Hot Target by Suzanne Brockmann


Hot Target: A Novel (Troubleshooters)Hot Target: A Novel (Troubleshooters)
(2005/11/29)
Suzanne Brockmann

商品詳細を見る


Troubleshooters - #8


ヒーロー&ヒロイン: コズモ (Cosmo Richter / U.S. Navy SEAL Chief) & ジェーン (Jane Mercedes Chadwick / ハリウッドプロデューサー)

セカンダリー ロマンス: ジュールズ (Jules Cassidy / FBI エージェント) & ロビン (Robin Chadwick / ジェーンの弟、俳優)

第二次大戦のサブプロット: ジャック (Jake Shelton / 第二次大戦のベテラン、ハリウッドのセットデザイナー) & ハル (Hal Lord / ジャックの秘密の恋人)  映画「 American Hero 」はこの二人の実話が元になっています。


今回の主役はミステリアスで、普段は寡黙なコズモ・リクターと “パーティーガール・プロデューサー” の異名をとるジェーン・チャドウィックです。
ハリウッドプロデューサー/脚本家のジェーンが、ゲイの第二次大戦ヒーローを題材にした伝記映画の製作に取り掛かるや否や、正体不明の差出人から脅迫メールが次々に届きます。ジェーンの安否を気遣い、ハートビート(映画撮影会社)は Troubleshooters Inc. にジェーンのボディーガードを依頼します。
ちょうどその頃、SEAL チーム16のコズモは、母親が怪我をしたために休暇を取って、母の元に戻っていました。母親のホームケアー等に費用が嵩むこともあって、コズモは、トムの Troubleshooters Inc. でジェーンのボディーガードチームの一員としてサイドジョブを引き受けます。
また、フリーダム・ネットワークと呼ばれるネオナチグループが、脅迫メールに関与していることを突き止めたFBIからも、ジェーンの身を案じてジュールズが派遣されてきます。


最初、ジェーンの思慮の無い行動から、コズモとジェーンの間にちょっとした諍いが起こります。ですがその後、和解した二人の間に友情が芽生え、やがてはそれが愛情へと変わっていきます。
コズモの真の姿がこの本では明るみになるのですが、正直言って、ちょっぴり意外でした。人を見た目で判断してはいけないという典型的な例だなと思いました。(笑) ヒーローの特性を兼ね備えたコズモだったでけに、ジェーンがすぐに恋に落ちたのも無理ないなぁ?と思いました。

ジュールズとロビン(ジェーンの弟/今回の伝記映画の主演俳優)のセカンダリーロマンスが、私にとってはこの作品のメインストーリーでした。コズモには大変申し訳ないのですが、 Hot Target の主役は私にとってはジュールズでした。 
切なくて、読むのが非常に辛いシーンもたくさんありましたが、アダム(ジュールズの元恋人)も交えたジュールズ&ロビンのお話は、とってもリアリスティックで本当に上手く描写されていたので、強く惹きつけられました。のっけからこの二人の人間性溢れるストーリー展開に一気にのめり込んでしまった私は、いつの間にかメインのカップルそっちのけで(コズモ&ジェーン、ごめんなさい! )、ページをパラパラ捲って、気づいたらジュールズとロビンのお話を先に読んでいました。
ジュールズは本当に魅力的なキャラクターで、読みながらすっかり彼に感情移入してしまい、一緒になって泣いてました。
ジュールズとロビンの関係を引っ掻き回すアダムは、本当に嫌な奴で最低極まりないキャラでした。自己中甚だしく、自分の利益のためなら人を利用する事や、人の心を傷つける事をなんとも思わないアダムに本当に頭にきました。(ラスト間際の彼の勇敢な行為では、ちょっぴりアダムを見直しましたが・・・)
この作品では涙無くしては読めないジュールズ&ロビンのお話ですが、ご安心下さい! ハッピーエンドが後で待っています。二人のロマンスの続きは #11 Force of Nature と #12 All Thought the Night で読めます。その後の作品でもハッピーで仲睦まじいジュールズ&ロビンの姿がちょくちょく見れます。二人のシーンはどれも大のお気に入りで、もう何度も繰り返して読んでます。(笑)

#6 Gone Too Far 以来とても気になるマックスとジーナのその後の様子が、この作品でチラッと見れます。(ジーナは名前が出てくるだけで、実際登場するのはマックスだけですが・・・) 次作 #9 Braking Point の伏線となっています。


*この作品の巻末に掲載されるはずだったサム&アリッサのショートストーリーですが、出版社の手違いでショートストーリー抜きで発行されてしまいました。そのためスーザン・ブロックマンのウエブサイトで読めるようになっています。まだ読んでらっしゃらない方は、是非お読み下さいね。


★★★★

評価、ジュールズがとっても良かったので、ついおまけしてしまいました・・・


スポンサーサイト

テーマ : 洋書
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

Ad
プロフィール

JJゆい

Author:JJゆい
True Blood(ドラマ&小説)他、多数のロマンス小説&海外ドラマに嵌っています。感想ですが本によっては英語になっています。

アンケート
Amazon.co.jp
カテゴリ
ブログ★ランキング
Twitter
最新コメント
リンク
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。