スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Vampire Diaries - Season 3 Ep. 10 “The New Deal”


tvd3x10ekTOP.jpg


「ヴァンパイアダイアリーズ」シーズン3 エピソード 10 のあらすじです。
ネタバレにご注意ください!!




ボニーは同じ夢を繰り返し見る。
夢の中でボニーは魔女の家を訪れ4基の棺を見つける。
1基の棺を開けるとクラウスが眠っている。
ボニーがクラウスの手から(オリジナル魔女/エレーナの)ネックレスを取ろうとすると、そこで目が覚める。

ジョギング中のエレーナは誰かに追われている様子。
結局は何でもなくエレーナの誇大妄想に過ぎなかった。
だが、実際は・・・

エレーナとボニーはミスティック・グリルでお互いの心配事(ボニーは夢の話、エレーナは今朝のジョギングでの出来事など)を話し合う。
エレーナはボニーの夢は何かのメッセージではないかと考える。
ボニーはステファンのことをエレーナに尋ねるが、ステファンの裏切り(クラウスの命を救ったこと)後、エレーナはステファンに見切りをつけたような口振りだ。

デイモンもステファンの裏切りから立ち直っておらず、アルコールで気を紛らわしている。
リックは一緒に飲もうというデイモンの誘いを断る。
歴史の中間テストに落第したジェレミーを心配するリックは、バイト先であるミスティックグリルで彼を待つが、ジェレミーは一向に姿を見せない。
まもなくリックたちは、ジェレミーは1週間前にクビになったと知らさせる。
エレーナは憤慨する一方で、アナとの別れやボニーに振られて以来、素行が乱れ始めたジェレミーのことを酷く心配する。
デイモンはそんなエレーナを安心させようとする。
だが、そこへクラウスがハイブリッドのトニーを連れて現れる。

tvd3x10kt.jpg

ジョギング中のエレーナの後を追っていたのは実はこのトニーで、エレーナのパラノイアではなかった。
クラウスはレベッカの行方を捜している。
そして言うまでもなく、ステファンの居所を突き止めようと必死。

ジェレミーはタイラーと一緒に森で缶を標的にクロスボウ(弓)を撃っている。
ハイブリッドのタイラーは、首を切断されるか心臓をもぎ取られない限り死なないため、自分を標的にクロスボウを撃つようジェレミーに言う。
タイラーはジェレミーの放った矢をいとも簡単に片手でキャッチする。

tvd3x10jt.jpg


ボニーは夢のなぞを解くために魔女の家を訪れる。
そこでボニーはステファンを見つける。(ステファンはボニーの後をつけていた)
ステファンはクラウスのファミリー/棺を隠すのにボニーの助け(マジック)が必要だと言う。
ボニーは自分にそんなパワーはないと言うが、ステファンはボニーの自己評価に同意しない。

リックとエレーナが夕食の支度を整えているところにジェレミーが帰宅する。
たが、ジェレミーはタイラーと連れ合うため、またすぐに外出すると告げる。
クラウスに創始されたハイブリッドのタイラーは危険だと考えたエレーナは、タイラーとつき合うなとジェレミーに言う。
だが、反抗的なジェレミーはタイラーをギルバート家に招き入れる。

エレーナとリックはこの状況を利用してハイブリッドについて学ぼうと考え、タイラーにあれこれ質問する。
タイラーはウエアウルフの呪いから救ってくれたクラウスに借りがあると思っているが、自分はクラウスの言いなりではなく、自分の意志で行動していると主張する。
だが、もちろん誰もタイラーの言葉を信じない。
エレーナは、もしクラウスに自分の心臓をもぎ取れと言われたら?とタイラーに尋ねる。
タイラーはイライラしながら、クラウスがそんなことを命じる事はない・・・と言いながらも、最終的にはクラウスの命に従うと認める。
タイラーの言葉を聞いて、エレーナとリックだけでなくジェレミーも、彼のクラウスへの盲目的な忠義心にショックを受ける。


tvd3x10dk.jpg

クラウスはサルヴァトアー家にデイモンを訪ねる。
お互いの兄弟(ステファン、レベッカ)の裏切りについてコメントした後、クラウスはレベッカの居所に心当たりがないというのは本当か?とデイモンに念を押す。
デイモンは答えをはぐらかす。
クラウスは、ステファンが自分のファミリー(棺)を盗んだことをデイモンに明かす。
デイモンは、ステファンを見つけ出したいが、クラウスを助けるつもりは少しもないと彼に告げる。
デイモンの言葉にクラウスは、ステファンを見つけ出す誘因を与える行動に出る。
クラウスはある人物に電話をかける。

ギルバート家、電話を受けメッセージを聞いたジェレミーは電話を切る。
間もなくタイラーはギルバート家を出て行く。
エレーナとリックがちょっとよそ見をしている間に、ジェレミーはリングをディナープレートに残して姿を消す。
慌てて表に出たエレーナとリックは、通りの真ん中に立つジェレミーの姿を見つける。
そしてそのジェレミーに向かってSUV が猛スピードで突進している。
リックはジェレミーを突き飛ばし、危機一髪のところで彼の命を救う。
だがその過程でリック自身が車にはねられ一時的に死亡する。(リックはリングを身に着けている)
SUV を運転していたのはトニーだった。
マインドコントロールから醒めたジェレミーは、さっき受けた電話はクラウスからだったとエレーナに告げる。
エレーナはクラウスが電話でジェレミーに暗示をかけたんだと悟る。

どうやらクラウスはミスティックフォールズに留まるようだ。
クラウスはハイブリッドたちに命じて新居の準備を整えている。
そこへタイラーが現れ、ジェレミーを殺そうとしたことをクラウスに問い詰める。

tvd3x10tk.jpg

クラウスは人の命を何とも思っていない返答をする。
だがタイラーは、ソシオパス・クラウスのクレイジーなロジックに納得させられたようだ。

事の次第を聞きつけたデイモンはギルバート家を訪れリックの安否を確認する。
デイモンはジェレミーが vervain のブレスレットを身に着けていないことを指摘する。
エレーナは、ジェレミーが vervain を身に着けていないのはタイラーの仕業に違いない。だからここしばらくタイラーはジェレミーと行動を共にしていたんだと言う。
デイモンはステファンがクラウスのファミリー/棺を隠した事をエレーナに告げる。
棺を見つけさえすればクラウスが危害を加える事はない。
だが、ジェレミーはミスティックフォールズを出て行くべきだと主張する。
エレーナはレベッカをクラウスに返すことを提案するが、デイモンは拒否する。
そのためエレーナはボニーに電話をかけ、ステファンを見つけて欲しいと頼む。
ジェレミーは危うくクラウスに殺されるところだった・・・とエレーナから聞かされたボニーは、ステファンの秘密をいとも簡単に漏らしてしまう。

エレーナとデイモンはステファンに会うため魔女の家に向かう。
この魔女の家ではリングの効き目がないため(日に当たると焼ける)、デイモンは外で待つ。
中に入ったエレーナは地下でステファンを見つける。
エレーナはステファンに助けを求める。
だが人間性を失ったステファンは、クラウスがジェレミーを殺そうとしている事は自分の問題ではない・・・と無関心。
ステファンの冷たい言葉と態度に激怒したエレーナは、ステファンの頬をひっぱたき、 “Go to hell!” と言って出て行く。

エレーナが家に向かう一方、デイモンは日の光を浴びながらもステファンのもとに進んで行く。
しばらく取っ組み合った後、デイモンはステファンを外に連れ出し、木の枝を折ってステファンの腹部に突き刺す。
そしてデイモンは、クラウスを永久に葬り去る邪魔をした理由をステファンに強く要求する。
ステファンは、デイモンの命を救うためだ・・・クラウスが死ねば、彼のハイブリッドたちがデイモンを殺すように命令されていた・・・と答える。
デイモンは再びステファンに木の枝を突き刺し、オレの命を救うのはいい加減にやめろ!と言い放つ。

tvd3x10sd.jpg tvd3x10stefan.jpg


デイモンは、なぜ自分の命を救ったんだ?とステファンに何度も尋ねるが、ステファンは答えない。
あきらめたデイモンは、代わりにクラウスの棺を盗んだ理由を尋ねる。
ステファンは、クラウスの唯一の弱点は彼の家族だからだと答える。
デイモンは、棺を盗んでどうするつもりだ?クラウスは不死身だ・・・と言う。
だがステファンは、クラウスをこの世から抹消する方法が他にも必ずあるはずだ・・・とデイモンに言い返す。
デイモンはステファンの計画に一役買いたいと言う。
最初ステファンはデイモンのヘルプは必要ないと言って断る。
だがデイモンに説き伏せられたステファンは、エレーナには一切内緒にしておくことを条件に承諾する。
(これってエレーナを危険から守るためですよね。ってことはステファンの人間性が徐々に元に戻りつつあるってことかな??)

魔女の家の地下に降りたステファンはデイモンを棺のある部屋に連れて行く。
最初デイモンには何もないように見えるが、目を凝らすと棺が並んでいる。
だがクラウスを憎む魔女たちのパワーのおかげで、クラウスには棺が見えないようになっている。

タイラーに裏切られたジェレミーは決着をつけるためタイラーに会いに行く。
タイラーはジェレミーに、クラウスは全ての棺を取り戻すまであきらめないから、家に戻って中にいるように・・・と警告する。

リックが目覚めたちょうどその時、エレーナが帰宅する。
だがリックの様子がいつもと違い、以前のように回復せずに血を吐き始める。
まもなく救急車が到着するが、その直後にトニーが現れる。
トニーは救急救命士に暗示をかけ病院に戻るように言う。
そしてエレーナに、自分の血でリックの命を救えるから家の中に招き入れろと言う。
ちょうどその時、ジェレミーが現れトニーをクロスボウで撃つ。
そしてハイブリッドのトニーを完全に殺すために、ジェレミーはキッチンから持ち出した肉切り包丁でトニーの首を切断する。
エレーナは目前の恐怖に悲鳴をあげる。

デイモンの血のおかげでリックは奇跡的な回復を遂げる。
リックの早期回復に担当医、メレディズ・フェルは疑問でいっぱい。
ちなみにこのドクター・メレディス役の女優さんはポール・ウェスリー(ステファン役のアクター)の実生活での奥さんです♪

エレーナの招待を受けクラウスはサルヴァトアー家を訪れる。
エレーナはクラウスをレベッカの眠る地下室に案内する。
レベッカをクラウスに返えしたエレーナは、今後一切ジェレミーに手出しをしないという約束をクラウスから取り付ける。
エレーナは自分がレベッカに短剣を突き刺したとクラウスに告げる。
クラウスはレベッカの怒りからエレーナをプロテクトすると言う。
クラウスはエレーナがステファンの居所を知っていると薄々感づいている。
クラウスは、ジェレミーには手を出さないが、自分のファミリー/棺を取り戻さない限り、ボニー、キャロライン、デイモンの命の保障はしない・・・と言ってエレーナを脅す。
エレーナは、レベッカが死を望んでいるのは自分だけではない。クラウスの死も望んでいる。レベッカはクラウスが母エスターを殺したことを知っている・・・と言って出て行く。

エレーナはジェレミーの命と引き換えに、レベッカをクラウスに返したことをデイモンに告げる。
デイモンはもちろんハッピーでない。レベッカがエレーナを殺しにかかると心配だ。
エレーナは、クラウスは自分を必要としているからレベッカを阻止する・・・ 何より他に手段がなかった・・・と指摘する。

新居に戻ったクラウスは甦生しつつあるレベッカに、ここで自分の傍にいてくれると思っていたが、(レベッカがエスターの死の真実を知ってしまったために)全て台無しになってしまった・・・と呟く。
そしてレベッカに謝った後、クラウスはレベッカの胸に短剣を突き刺す。

魔女の家、ステファンとボニーは棺を開けることが出来ない。
ステファンは、棺を開けようとあれこれ試したが、表面に傷をつけることすら出来なかったとボニーに言う。
ボニーは、きっと棺に呪文がかかっているせいだと答える。
そして、ステファンはクラウスを苦しめたいと言った。夢(魔女たち)が自分をここに導いたのにはわけがある。棺の中身がその答えだと思う・・・とステファンに言う。

エレーナは16歳のジェレミーが肉切り包丁で人の首を切断しなければならなかった事実に酷く打ちひしがれる。
デイモンはエレーナの顔を両手で包み込んで、二人でこの状況を何とかする・・・とエレーナに約束する。
二人のプランは・・・
デイモンはジェレミーに、この町を去って、デンバーにいる家族の友人宅にステイするように・・・と言ってマインドコントロールする。
そして、リックとエレーナのリクエストを聞き入れ、ミスティックフォールズの事はきっぱり忘れるように・・・と付け加える。
エレーナは静かに涙を流しながらこの様子を見ている。

エレーナはデイモンに頼んでジェレミーに暗示をかけたことに対して自分を責める。
デイモンは、だがエレーナはジェレミーの命を救った・・・と指摘し、ジェレミーはエレーナのような姉を持ってとてもラッキーだと言う。
エレーナは、この事だけでなく全てに対してデイモンにとても感謝していると言う。
デイモンは、ステファンがクラウスを殺す計画を台無しにしたのは自分の命を救うためだった・・・とエレーナに明かす。
この事実を知るまでのほんの少しの間、デイモンはエレーナを自分のものにしたいという気持ちに、もうこれ以上 罪悪感を感じる必要はないと思っていた。
だが事実が事実なだけに、弟のガールフレンドを奪う事は出来ないため、デイモンは一度去りかける。
しかしすぐに引き返し、どうせ罪悪感に苛まれるなら・・・と言って、デイモンはエレーナにキスする。

tvd3x10kiss1.gif tvd3x10kiss2.gif

エレーナは抵抗する事もなくデイモンのキスを受ける。
キスを終えたデイモンは微笑んだ後、 “Good night.” とエレーナに言って去って行く。



↓ このエピが通しで見れる動画はこちら・・・

Video: The Vampire Diaries - Season 3 Ep. 10 “The New Deal”


スポンサーサイト

テーマ : 海外ドラマ(欧米)
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

Ad
プロフィール

JJゆい

Author:JJゆい
True Blood(ドラマ&小説)他、多数のロマンス小説&海外ドラマに嵌っています。感想ですが本によっては英語になっています。

アンケート
Amazon.co.jp
カテゴリ
ブログ★ランキング
Twitter
最新コメント
リンク
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。