スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Out of Control by Suzanne Brockmann


Out of Control (Troubleshooters)Out of Control (Troubleshooters)
(2002/02/26)
Suzanne Brockmann

商品詳細を見る


Troubleshooters - #4


ヒーロー&ヒロイン: ケン (Ken “WildCard” Karmody / U.S. Navy SEAL Chief) &サヴァナ (Savannah von Hopf / 弁護士 )

セカンダリー ロマンス: ジョーンズ (Jones, aka Grady Morant / 元USA特殊部隊員)&モリー (Molly Anderson / 国際ボランティアワーカー)

第二次大戦のサブプロット : ローズ (Ingerose “Rose” Rainer von Hopf / サヴァナの祖母)&ハンク (Heinrich “Hank” von Hopf / 元オーストリアのプリンス)のロマンス、ローズが二重スパイだった頃の回想


前作までと同様に、この作品も事件に三つのロマンスが絡み合って、ストーリが展開していきます。どれ一つをとっても非常に満足できるお話で、一冊の本として読む価値があると思います。本当にどのお話も引けを取らず、それが三つも読めるのですから Out of Control はとても贅沢な一冊だと言えます。

今回の主役は “Wildcard” ケンとサヴァナのカップル。
サヴァナは誘拐された叔父を救うため、インドネシアまで250,000ドル届けに行かなければなりません。インドネシアはテロ行為の頻発する国として知られているのため、サヴァナはNavy SEAL のケン・カーモディ aka “Wildcard” に助けてもらえれば…と思います。かつて知人、アデルの恋人だったケンとは大学の寮で数回会っただけでしたが、秘かに彼に好意を抱いていたサヴァナ。ですが、サヴァナのアプローチが思惑通りに行かず結果的にケンをひどく怒らせてしまいます。偶然に出会って、熱い夜をともに過ごしたとばかり思っていたケンは、不誠実なサヴァナの事が許せません。言うまでも無く、アデルのせいで少々女性不信気味だったケンには手痛い仕打ちでした。ですが最終的にはサヴァナの安否を気遣って、ケンは彼女に同行してインドネシアへと向かいます。
ジャカルタに到着するや否や、二人はロシアの闇組織に誘拐されてしまいます。辛うじて悪漢の手からジャングルへ逃れるケンとサヴァナですが、二人への追跡は一向に止みません。
ワイルドカード/ケニーは相変わらず色んな意味でチャーミングで、この作品ではその彼の魅力を十二分に発揮していたと思います。サヴァナが恋に落ちるのも無理ないですよね。(笑)

二つ目のロマンスはミステリアスなジョーンズとボランティア・ワーカーのモリーのお話です。
ジョーンズもモリーもとても魅力的なキャラクターでストーリーも超一級でした。
色々事情があって今はそれぞれインドネシアに滞在している二人。モリーの過去もかなり悲痛ですが、元USA特殊部隊員だったジョーンズの過去はそれ以上に辛いです。痛ましいです。彼に対するあまりにも不当な扱いに大いに憤慨しました。
このカップル、モリーが9つ年上なんですが、そんな年の差を感じさせないこの二人の愛は、切なくて辛いシーンもありましたがとても心を惹きつけられました。
その後がとてもとても気になるジョーンズとモリーですが、#9 Braking Point でこの続きが読めます。

三つ目のロマンスはサヴァナの祖母、ローズと元オーストリアのプリンス、ハンクのお話です。
ローズが二重スパイだった頃の自叙伝、とても中身が濃く非常に楽しめました。第二次大戦中のお話ではシリーズ中で一番のお気に入りです。実はこのローズの話、続きが気になって気になって仕方が無かったので、他のお話を飛ばして先にこの自叙伝だけ読んでしまいました。(笑) で、またもう一度、始めに戻って(今度は飛ばさずに順番どおりに)読みました。本当に最初から最後まで二人のロマンスに釘付けで、ラストのハッピーエンドでは感慨無量で涙がこぼれました。

ケンとサヴァナのお話もとっても良かったのですが、実を言うと私はメインのラブストーリーよりもジョーンズ&モリー、そしてローズ&ハンクのラブロマンスの方がお気に入りです。
どちらのお話も本当に読み応えがあり、先が気になって止められず、ページが飛ぶように進みました。それぞれ一冊の本として、もっともっとじっくりと読みたかったです。


★★★★★


スポンサーサイト

テーマ : 洋書
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

Ad
プロフィール

JJゆい

Author:JJゆい
True Blood(ドラマ&小説)他、多数のロマンス小説&海外ドラマに嵌っています。感想ですが本によっては英語になっています。

アンケート
Amazon.co.jp
カテゴリ
ブログ★ランキング
Twitter
最新コメント
リンク
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。