スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Vampire Diaries - Season 3 Ep. 6 “Smells Like Teen Spirit”


smells like teen spirits


「ヴァンパイアダイアリーズ」シーズン3 エピソード 6 のあらすじです。
ネタバレにご注意ください!!




早朝、エレーナはリックからヴァンパイアー殺害のテクニックを学ぶレッスンを受ける。
新学期が始まる。
ボニーが、ジェレミーは亡くなったガールフレンドの霊(アナ)と会ってる・・・と嫉妬まじりに愚痴ると、続いてキャロラインが、自分の BF タイラーはハイブリッドにされた・・・と愚痴る。
するとエレーナは、今日は二人の記念日だ、ステファンとは去年の新学期の初日に会った・・・と言う。
キャロラインはエレーナが勝者だと宣言する。

サルヴァトア家、女性たちに囲まれてハーレム状態のステファンは食事(彼女たちの血)を済ませた後、ツイスター(ゲーム)を楽しむ。
デイモンがやって来て、ブルネット二人がペルシャ絨毯を(血で)台無しにした・・・とステファンに言う。(笑)
まもなく、クラウスに置いてかれた・・・と不平を言いながらレベッカがサルヴァトア家を訪れる。
レベッカは勝手にサルヴァトア家にステイする事に決め二階に上がっていく。(笑)

ミスティックフォールズ・ハイスクール、ステファンはエレーナに、クラウスのオーダーで自分はエレーナのお目付け役/ボディーガードなので学校に戻ってきた・・・と言う。
歴史の授業が始まって間もなく、レベッカが教室に入ってくる。
君は誰だ?と尋ねるアラリックに、新しい生徒だとレベッカは答え、歴史は大好きな教科だと言う。(笑)

ヴィッキーはマットの前に姿を現し、マットの助けでこちらの世界に戻ってくる事ができる・・・と告げる。
ヴィッキーに説き伏せられたマットはヴィッキーを助ける事に同意する。
二人の様子を目撃したジェレミーはアナにその旨を伝える。
アナは、ヴィッキーが戻ってくるのは可能かもしれないが、自然のバランスを崩してしまうので、そのツケを払う事になる・・・と言う。
ヴィッキーの企みを後で知ったボニーは、ジェレミーが自分ではなく先にアナに相談していた事に憤慨する。

レベッカはデイナ(彼女は前回のエピでクラウスに命令されたステファンに殺された)が開けたチアリーダーのポジションをゲットしチームの一員となる。
見事なハンドスプリングの連続技を披露したレベッカは一躍人気者になる。

トラックを走るエレーナの隣にステファンがやって来て一緒に走り始める。
ステファンは、今夜ボンファイアーに行くのか?とエレーナに尋ねる。
ほっといて!と答えるエレーナにステファンはしつこく話しかける。
ある男子生徒が走っているエレーナにぶち当たる。
ステファンはその男子生徒を押し倒して罵る。
ステファンの行動と言動に呆れたエレーナは、あなた一体誰なの?とステファンに尋ねる。

tvd3x06se.jpg

ステファンは、“human blood bag” をプロテクトするように命じられたヤツさ。気を悪くさせるつもりはないが・・・と答える。
“human blood bag” と呼ばれたエレーナはあきれ返って去って行く。

エレーナがウエイトトレーニングしているところへデーモンがやって来る。
エレーナはデイモンに、ステファンに “human blood bag” と呼ばれた・・・と言って、ステファンがすっかり別人になってしまったことを嘆く。
エレーナは、マイケルがやって来てクラウスを殺すまで(=クラウスの暗示が解けるまで)ステファンを監禁したい・・・とデイモンに言う。
デイモンは、クラウスの暗示が解けたとしても、ステファンは人間性をすっかり失ってしまったので以前のようにはいかない・・・と答え余り乗り気でない。
それなら私のために手伝って・・・とデイモンに頼む。
デイモンはエレーナにヴァンパイアーの胸を貫く方法を手取り足取り指導する。(このシーンはかなりセクシー!つい繰り返し見てしまった私・・・(笑)

tvdx06de.gif

レッスン終了後、デイモンは、エレーナの望む事は何でもする・・・ 誰もエレーナを傷つけやしない、特にステファンは・・・と言う。

エレーナ、デイモン、リック、キャロラインはステファンを監禁する計画を話し合う。
エレーナはステファンをボンファイアーから誘い出す。
アラリックはエレーナがステファンの気をそらしている隙に vervain ダートをステファンに打ち込む。
デイモンは彼の魅力を発揮してレベッカをステファンから引き離しておく。
キャロラインは昔のフォーブス地下牢を使用できるように準備する。
そこへ話し合いに遅れたタイラーがやって来る。
エレーナは、キャロル(タイラーのママ)の vervain をくすねてほしいとタイラーに頼む。
だがタイラーは、クラウスはステファンを監禁する事を好まない・・・と言って反対する。
タイラーの言動から、クラウスとタイラーの関係に気付いたデイモンは、すばやくタイラーの首に vervain ダートを突き刺す。
デイモンは、クラウスの血でタイラーはハイブリッドとなったので、創造者であるクラウスにどうしても忠実になってしまう・・・と言って回りのみんなに説明する。
それじゃあタイラーを治すにはどうすればいいの?と尋ねるキャロラインに、デイモンは、新しいボーイフレンドを探す事だな・・・と答える。(爆)

ロックウッド家、キャロラインは意識を回復したタイラーに自分がタイラーを連れ帰ったと言う。
間もなく2人は口論を始める。
タイラーがクラウスに忠実なことについて言い争った後、キャロラインとタイラーは仲直りする。
キスを交わす2人・・・

マットの家のガレージ、マットはヴィッキーのために彼女がこちらの世界に戻って来れる魔法の儀式を行う。
儀式は成功しヴィッキーはマットの元に戻ってくるが、問題がひとつ・・・
ヴィッキーはこちらの世界に戻って来ることを条件にオリジナル魔女と取引を交わした。
その取引とは、クラウスがもうこれ以上ハイブリッドを生み出せないようにエレーナを抹殺すること・・・
エレーナを殺さない限りヴィッキーはこちらの世界に居続けることが出来ない。
ヴィッキーは反対するマットを殴って気絶させる。

ボンファイアー、酔ったエレーナは、余り飲まない方がいい・・・と言うステファンに辛辣な言葉を投げかける。
一方、デイモンはマシュマロをあぶるレベッカの側に行く。
今のところデイモンの “チャーム” はレベッカに効いてるようで、二人は中々いい感じ。

tvd3x06dr.png

そんなデイモンとレベッカの様子を見るエレーナは気に食わない様子。
エレーナの表情を見たステファンは、嫉妬してる・・・ きっとデイモンは大喜びだ・・・と言ってエレーナをからかう。
むっとしたエレーナは頑なに嫉妬してないと否定してその場を去る。
ステファンはエレーナの後を追う。

レベッカは自分にやけに親切なデイモンに、何が目的で自分の気をそらしているのか尋ねる。
デイモンは答えをはぐらかす。
だが、すっかりお見通しのレベッカは、二人の間にフェアな闘いはない・・・と言ってデイモンのお腹を木製スティックで突き刺す。

野外観覧席で仰向けになって星を眺めているエレーナのところにステファンがやって来る。
ステファンは、エレーナは酔ってるから自分が車で連れて帰ると言う。
酔ったエレーナは野外席の手すりを超え、そこから落ちる振りをしてステファンをからかう。
数回落ちる振りをしてステファンを冷や冷やさせたエレーナはついに本当に落ちてしまう。
だが、危機一髪のところでステファンはエレーナを受け止める。
エレーナは、ステファンが自分を受け止めてくれるって分ってた・・・と言う。
しばらく見つめあうエレーナとステファン・・・

tvd3x06se-2.jpg

ステファンがエレーナをグラウンドに下ろすや否や、リックは vervain ダートを数発ステファンの背中に打ち込む。
リックとエレーナは意識のないステファンをリックの車のトランクに入れる。

パニック状態のマットは電話でボニーにヴィッキーの企みを伝える。
マットから事の次第を聞いたボニーは、ヴィッキーをサポートしてるマジックをブロックする魔法を見つけ呪文を唱え始める。
一方、ヴィッキーは地面にこぼれたガソリンがリックの車に続いているのを目に留め、吸っていたタバコを放り投げる。
点火した炎はたちまちリックの車を巻き込む。(エレーナとステファンは車の中!)
リックは車の外から、エレーナは車の中からドアを開けようとあれこれ努力するがドアは開かない。
煙に咳き込みながらエレーナはステファンの名前を呼ぶ。
意識を取り戻したステファンはトランクのドアを蹴り開けるが、再び意識を失う。
ヴィッキーはエレーナが逃げ出せないように捕まえようとするが、ボニーのマジックが効いてたちまちマットとボニーのいる教室に召還される。
ここに居たい、もう独りぼっちになりたくない・・・と懇願するヴィッキーに、マットは、ここに居るべきじゃない、ヴィッキーと一緒にいたいが(あちらの世界に)戻らないとダメだ・・・と言ってヴィッキーに別れを告げる。
ボニーが呪文を唱え続ける中、ヴィッキーは姿を消す。
エレーナはようやく車から脱出する。
車が爆発する寸前に、エレーナとリックはまだ頭が朦朧とするステファンを車から引っ張り出す。

サルヴァトアー家、デイモンはエレーナの傷の手当てをする。
最初エレーナは自分で手当てする・・・と言うが、デイモンは、危うくバーベキューにされるところだったんだから手当てくらいさせてくれ・・・と言ってエレーナの頬に薬を付ける。
エレーナは、今夜デイモンは自分の役割をうまく果たしてた・・・ レベッカはデイモンとマシュマロにヨダレたらたらだった・・・と言う。(笑)
デイモンは、レベッカに刺されるまではね。エレーナは酔っ払い過ぎてて気付いてないと思ってた・・・と答える。
エレーナが自分は酔った振りをしてただけだと言うと、デイモンも振りをしていただけだと言う。
二人はしばらく見つめ合うが、リックがやって来てエレーナを連れて帰る。

エレーナとリックがサルヴァトア家を去る前にステファンが現れる。
ステファンは、好きなだけ自分のことを憎んでもらって結構だが、自分は常にエレーナを危険から守るのでエレーナには自分が必要だ・・・と言う。
ドアに向かう二人を引き止めたステファンは、あの時なぜ自分の命を助けたのかエレーナに尋ねる。
エレーナは、なぜなら自分はまだ希望を捨ててないからだと答える。
ステファンは、モンスターのように振舞ってきた後でもまだ人間性を再び取り戻す事が出来ると信じているのか?と尋ねる。
エレーナは、ステファンのことは誰よりもよく知っている。自分は決して諦めない・・・と答える。
ステファンは、こんな自分にまだ望みを持ってるエレーナが哀れで仕方ない・・・とかなり辛辣な返答をする。
エレーナはステファンの言葉を真っ向から否定し、アラリックから受けたレッスンの成果を発揮する。(エレーナはステファンのお腹を杭で突き刺す)

シャーロットの霊廟、キャサリンはマイケルを目覚めさせようと彼の頭上にネズミをちらつかせるが何の反応も見られない。
次にキャサリンは、人間の男の血をマイケルの口元にたらしてみる。
マイケルは目覚めるが、男の血には全く興味がなく再び眠りにつく。
しばらくしてマイケルが目を覚ます。
キャサリンは、クラウスを殺す方法をマイケルが知ってると思って彼を目覚めさせた・・・と言う。
マイケルは、自分はクラウスを殺せる。殺すつもりでいると答える。
マイケルに言われてキャサリンは彼をシルバーチェーンの束縛から解放する。
生きた者の血は飲まない・・・と言うマイケルは、キャサリンを捕らえ彼女に噛み付き血を飲む。

ジェレミーとアナの関係にかんかんのボニーはジェレミーからの電話を受けない。
ジェレミーは殆どノンストップでアナのことを思っているので、その結果アナは終始ジェレミーと一緒にいる。
ジェレミーのアナへの愛着がアナを実体化しているようで、お互い相手に触れて感じることができる。

サプライズ、サプライズ・・・
突然メイソンがサルヴァトアー家に現われデイモンに襲い掛かる。



↓ このエピが通しで見れる動画はこちら・・・

Video: The Vampire Diaries - Season 3 Ep. 6 “Smells Like Teen Spirit ”


スポンサーサイト

テーマ : 海外ドラマ(欧米)
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは☆彡今回もまたまた、ありがとうございます(*´∀`*)
しかし、まあ。。。ステファンは本当に人間性を失っているのですね。。。
私はやっぱり、ステファンのファンなので、絶対どこかでエレナを守っているんだ!!と思っていたのですが、(まあ、違う意味守ってますが・・)
とんでもないですね。血って怖い。
あ~~あ~。。。この3シーズン長く感じますね。
もちろん、デイモンも好きなんですけどね(ノ∀`)

Re: No title

> 今回もまたまた、ありがとうございます(*´∀`*)
いつもコメントありがとうございます!

> しかし、まあ。。。ステファンは本当に人間性を失っているのですね。。。
エピ5ですっかり失ってしまいました・・・(涙)
クラウス!!!!
でもこのエピ、ステファンがエレーナを受け止めた後二人が見つめあうシーンで、ほんのチラッとですがいつものステファンを見たような気が・・・

> とんでもないですね。血って怖い。
オリジナルヴァンパイアーのパワー恐るべし!!

> もちろん、デイモンも好きなんですけどね(ノ∀`)
私も!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

こんにちは
この記事助かります
ありがとうございます

Re: No title

love さん、 こんにちは!

コメントありがとうございます♪
Ad
プロフィール

JJゆい

Author:JJゆい
True Blood(ドラマ&小説)他、多数のロマンス小説&海外ドラマに嵌っています。感想ですが本によっては英語になっています。

アンケート
Amazon.co.jp
カテゴリ
ブログ★ランキング
Twitter
最新コメント
リンク
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。