スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Vampire Diaries - Season 3 Ep. 2 “The Hybrid”





「ヴァンパイアーダイアリーズ」シーズン3 エピソード 2 のあらすじです。
今回はエピソード1よりもずっと詳しいです。詳細を知りたくない方は見ない方がいいかも・・・
ネタバレにご注意ください!!




デイモンはアンディの死をレポートするニュースを目にする。
自分からの電話を避けてる・・・と言うエレーナに、デイモンはステファンがアンディを殺したと言う。
エレーナはステファンから電話があったことをデイモンに伝える。
エレーナの依頼で、フォーブス保安官(キャロラインのママ)がステファンからの電話をトレースし、彼がテネシーから電話をかけていたことがわかる。
だがデイモンは、もう以前のステファンは戻ってこない・・・と言ってステファン捜索に乗り気でない。

エレーナはアラリックを訪ね二日酔いのリックをたたき起こす。
ステファンのことを諦め切れないエレーナは、リックにステファンについて知っている事を問いただす。
エレーナの根気に負けたリックは、クラウスとステファンはどうやらウェアウルフ一族を追跡しているようだと答える。


tvd3x02sk.jpg

スモーキーマウンテン(テネシー)、ステファンは意識のないレイ(ウェアウルフ)を肩に抱え、クラウスと共にウェアウルフ一族を求め森をさまよう。
しばらくして二人はウェアウルフ一族を見つける。

ロックウッド家、キャロル(タイラーのママ)はコーヒーに “vervain” を入れ、タイラーにそれを飲ませようとたくらむ。
キャロルは、キャロラインが売春婦のようにこそこそ出て行った・・・とタイラーに嫌味を言う。
タイラーはキャロラインはこっそり脱け出したんだ・・・と首をかしげる。
何も知らないタイラーは “vervain” 入りのをコーヒーを飲む。
何の反応も示さないタイラーを見てキャロルは一安心する。
その後、キャロルはある人物に電話する。

ミスティックグリル、ジェレミーは、またヴィッキーの姿を見た・・・とマットに言う。
ジェレミーは何とかしてヴィッキーとコンタクトをとりたい。
最初は乗り気でなかったマットだったが、ヴィッキーが自分に助けを求めた・・・というジェレミーの言葉を聞いて、考えを改め協力する事に同意する。

タイラーからテネシーのウェアウルフ一族の情報(満月の夜に一族が集う場所)を得たエレーナはリックの同行を求める。
リックは、満月の日にウェアウルフを追跡するのは危険だ・・・と全く乗り気でないが、エレーナは諦める様子が全くない。
仕方なくリックはエレーナと一緒にテネシーに向かう。

スモーキーマウンテン(テネシー)、レイが意識を回復する。
どうやらレイはヴァンパイアーにトランスフォームするために人間の血を求めて目覚めた様子。
レイは人間の血を飲まないと死んでしまうため、クラウスは人間の男を嗅ぎつけて噛み付く。
レイがその男の血を飲む一方で、クラウスは次々ウェアウルフたちに自分の血を与え殺していく。

ミスティックグリル、タイラーはマットにキャロラインの居所を知らないか?と尋ねる。
最初マットはタイラーに対してそっけなかったが、友達思いのマットは今日は満月だと気付き態度を変える。
コーヒーを飲んだタイラーは、何だか味が変だ・・・とマットにコメントする。
マットは、保安官の要請で時折コーヒーに “vervain” を入れる(ヴァンパイアーをあぶりだすため)とタイラーに言う。
タイラーはすぐさま今朝家で飲んだコーヒーと味が同じだと気付く。


tvd3x02de.jpg

スモーキーマウンテン(テネシー)、重装備のリックはエレーナを先導する。
エレーナはリックにジョン・ギルバートのリングを渡す。(エレーナは “doppelganger” なのでこのリングの効き目がない。だからリックの命を守るために彼に渡した)
突然、デイモンが現れエレーナを池/湖の中に突き落とす。
リックはエレーナに内緒で、デイモンに二人の行き先を告げていた。
デイモンはステファンの捜索を中止するようエレーナを説得しようとするが無駄に終わる。

クラウスとステファンはハイブリッドとなったレイの目から血が流れているのに気付く。
ハイブリッド仲間を増やす計画を着々と進めていたクラウスだったが、どことなく様子がおかしいと悟る。
レイの状態がだんだんと悪化していく。
クラウスとステファンの不意をついてレイが逃げ出す。
クラウスはステファンにレイを連れ戻すように言いつける。
ステファンはレイを連れ戻そうとするが、レイはステファンに噛み付き彼を振りほどく。
エレーナとデイモンの声を耳にしたステファンは、少し離れた所にいる二人の姿を見る。
致命傷を負ったステファンは、治るためにはクラウスの血が必要だとクラウスに言う。
クラウスはステファンがレイを連れ戻すまで自分の血を与えないと答える。
一方、ハイブリッドにトランスフォーム中のウェアウルフたちはみんな目から血を流している。
ハイブリッドになり損ねた彼らはゾンビのように動き回っている。
レイ同様、彼らの状態もどんどん悪化していく。

家に戻ったタイラーは “vervain” についてキャロルを問い詰める。
キャロルは “vervain” の使用を認めた後、キャロラインはモンスターだから付き合うな!とタイラーに言う。
タイラーはキャロルを例の地下に連れて行き、地下牢に閉じ込めロックする。
そして、メイソンと自分はロックウッドファミリーの呪いを受けた・・・とキャロルに言う。
タイラーは自分をチェーンでフロアーに固定した後、母親の目前でウェアウルフにシフトし始める。

デイモン、エレーナ、リックは森でレイに出くわす。
レイはデイモンに襲い掛かる。
リックが “vervain” ダートをレイに打ち込むが全く効き目がない。
デイモンはエレーナから渡された対ウェアウルフ手榴弾をレイに投げつける。
苦しむレイの姿を前に、3人は彼がハイブリッドだと気付く。
リック、デイモン、エレーナの3人はシルバーチェーン、 “vervain” を染み込ませたロープなどでレイを木に縛り付ける。
真昼間であるにもかかわらず、レイは目を覚ましシフトし始める。
3人は直ちにその場を逃げ出す。

日が暮れる中、デイモン、エレーナ、リックの3人はウェアウルフから逃れるため、引き続き森の中を走り逃げる。
エレーナが途中でつまずき倒れる。
突然、エレーナの目の前に歯をむいてうなるウェアウルフが現れる。
デイモンはウェアウルフの気を引き自分を追うように仕向ける。
デイモンの身を案じたエレーナは彼の後を追いたいが、リックは二人が逃げ続ける事を主張する。

月光の中、警戒しながらデイモンは森の中をさまよい歩く。
レイが突然デイモンに襲い掛かる。
デイモンは応戦するが、レイの方がはるかに敏速で手強い。
レイはデイモンを捕らえ噛み付こうとするが、その直前にステファンがレイの心臓をもぎ取りデイモンの命を救う。
ステファンは、自分の後を追うな・・・ (この後の二人の会話は結構笑えるのですが長くなるので省略) もう決して戻ることはないのでエレーナは自分のことをあきらめるべきだ。エレーナを家に連れ帰って今度はそこにとどまるように(もう自分の後を追わないように)してくれないか・・・とデイモンに言う。
デイモンはエレーナとリックの待つ車に戻る。
ステファンは3人が去っていくのを見届ける。
森の中を見上げたエレーナは一瞬ステファンの姿を見たように思う。


tvd3x02.jpg

マットは “six pack” (ビール)を持ってジェレミーを訪ねる。
マットはヴィッキーとコンタクトを取るために彼女の遺品からパーソナルアイテムを選び出し持参した。
ジェレミーは記憶を消されたためにヴィッキーの死をよく覚えていないとマットに言う。
突然、ヴィッキーがジェレミーの前に現れる。
ヴィッキーは、この世に戻ってくる事ができる、そのためにはジェレミーの助けが必要だ・・・と言い残し去る。
直後、アナが現れジェレミーにヴィッキーを信頼しちゃダメと言う。

ステファンはレイ(死体)をウェアウルフキャンプに連れ帰る。
クラウスはステファンに、他のウェアウルフたちはみんなクレイジーになり手に負えなくなった。自分が殺した者もいれば、出血多量で死んでしまった者もいる。結局はみんな死んでしまった・・・と告げる。
ハイブリッド仲間を増やす計画に失敗したクラウスは大激怒!
クラウスは、言われた事は全てした(ウェアウルフ、ヴァンパイアー、 “doppelganger” を殺した)・・・ ハイブリッド計画は成功すべきだった・・・と嘆く。
クラウスはエレーナが生きている事を知らない。
真実がバレるんじゃないか・・・と冷や冷やしているステファンの表情をじっと見つめるクラウスは、ステファンが何か隠し事をしているのでは?となんとなく感づいているのでは??
クラウスから顔色が優れない・・・と指摘されたステファンは、ウェアウルフに噛み付かれて死にかけているせいだ・・・と言って上手くごまかす。
ステファンは、レイを殺す他なかった・・・とクラウスに言う。
レイを殺してしまったため、本来ならステファンはクラウスの命にそむいた事になるが、クラウスは自分の血をステファンに与える。
二人はウェアウルフキャンプを去る。

エレーナが自分のベッドルームに戻るとデイモンが待っていた。
デイモンは、自分が間違ってた。もう元のステファンには戻らないと言った事を撤回する・・・とエレーナに言う。
デイモンはエレーナに森でステファンと会ったことを話し、まだステファンの人間性を取り戻す事は可能だからエレーナに協力する・・・と言う。
デイモンはエレーナに、あんなに頑なに戻らないと言い張っていたのに、なんでスモーキーマウンテンを去る気になったんだ?と尋ねる。
デイモンがしつこく答えを迫ったため、エレーナはデイモンの身が心配だったからだと認める。
デイモンはエレーナの目をじっと見つめ、ステファンがいない間にエレーナが感じた(自分への)気持ちや感情を忘れないでほしい・・・と言い残して部屋を出て行く。

自分の息子がウェアウルフだと知ったキャロルは、キャロラインの無事をタイラーに約束する。
キャロルは電話でビルに計画を中止するように言うが、ビルはあっさりと断る。
地下に拘束されたキャロラインが目を覚ます。
椅子に固定されたキャロラインがもがく中、ビルがやって来る。
キャロラインは、パパ?と言う。


 このエピが通しで見れる動画はこちら・・・

The Vampire Diaries - Season 3 Ep. 2 “The Hybrid”


スポンサーサイト

テーマ : 海外ドラマ(欧米)
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

今回もありがとうございます(#^.^#)
楽しませて頂きました~!!!
最後のデイモンがエレナの顔を包み込んで言ってたセリフがこんな奥深いせりふだったとは・・・感激です(*´∀`*)
また楽しみにしています!!

Re: No title

> 最後のデイモンがエレナの顔を包み込んで言ってたセリフがこんな奥深いせりふだったとは・・・感激です(*´∀`*)

あの一連のシーン、良かったですよね。
エピ2では、↑ のシーンとデイモン&ステファンのシーンがお気に入りです♪

No title

こんにちは^^
詳細なエピガイありがとうございます!
ワクワクしながら読ませていただいています。

日に日にタイラーのキャラが際立ってきますね。
S1の頃には想像もつきませんでしたが。
もちろん大好きなキャラです。
ウェアウルフっぽいですよね~性格も。
キャロラインとお似合いです。

この頃思うのですが、
ステファンもS3当初は悪くなったなぁと単純に嘆いていましたが、
よくよく考えるとオリジナル達と仲間たちの間で微妙な立場におかれて実は大変なんだなぁと思うようになりました。
彼がこれからどう変化していくのかとても気になるところです。

ラストのデイモン&エレナのシーンは私も横レスになりますが感激が倍増しました。

Re: No title

> 日に日にタイラーのキャラが際立ってきますね。
始まった頃に比べると出番がずっと増えましたよね。

> S1の頃には想像もつきませんでしたが。
キャロラインも言ってましたがウェアウルフになる前のタイラーは嫌なヤツでした。(笑)

> ウェアウルフっぽいですよね~性格も。
> キャロラインとお似合いです。
そうですね。

> ステファンもS3当初は悪くなったなぁと単純に嘆いていましたが、
> よくよく考えるとオリジナル達と仲間たちの間で微妙な立場におかれて実は大変なんだなぁと思うようになりました。
> 彼がこれからどう変化していくのかとても気になるところです。

今シーズン、ステファンは辛いシーンが多いですよね。
いつ元のステファンに戻れるのか・・・

いつもコメントありがとうございます!
Ad
プロフィール

JJゆい

Author:JJゆい
True Blood(ドラマ&小説)他、多数のロマンス小説&海外ドラマに嵌っています。感想ですが本によっては英語になっています。

アンケート
Amazon.co.jp
カテゴリ
ブログ★ランキング
Twitter
最新コメント
リンク
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。