スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Unsung Hero by Suzanne Brockmann


The Unsung Hero (Troubleshooters)The Unsung Hero (Troubleshooters)
(2000/06/06)
Suzanne Brockmann

商品詳細を見る


Troubleshooters - #1


ヒーロー&ヒロイン: トム (Tom Paoletti / U.S. Navy SEAL Lieutenant Commander) &ケリー (Kelly Ashton / 小児科医)

セカンダリー ロマンス: マロリー (Mallory Paoletti / トムの姪)&デイヴィッド (David Sullivan / グラフィックノベル・アーティスト)

第二次大戦のサブプロット: レジスタンス、ナチ占領下のフランスにおけるチャールズ (Charles Ashton / ケリーの父)、ジョー (Joe Paoletti / トムの大叔父)、シビル (Cybele Desjardin) の三角関係


U.S. Navy SEAL Lieutenant Commander トム・パーレッティは、任務遂行中に頭部に致命的な負傷を負います。静養/回復のため1ヶ月の休暇をとらされたトムはホームタウンであるボールドウィンズブリッジ(マサチューセッツ)に久々に帰省します。
ローガン空港(ボストン)でトムは数年前に死亡したはずのテロリスト、マーチャントの姿を目撃します。ですが負傷後、情緒不安定と診断をされたトムは自己の判断能力に今一つ自信がもてません。
そんな中、トムはガン末期の父親の世話をするために故郷に戻っていた幼馴染のケリーと再会します。かつて二人が十代の頃、お互いに惹かれあっていただけに、二人の関係は徐々に進展していきます。
トムはテロリストの企みを阻止するため上司に助けを求めますが、頭部外傷の後遺症による幻覚妄想だと思われまったく相手にされません。そのためトムは、休暇中の部下ジャズ、サム、アリッサ、第二次大戦ベテランであるチャールズとジョー、ティーンネイジャーのマロリーとデイヴィッド そして小児科医のケリーのメンバーで当座しのぎのテロリスト対抗措置チームを編成します。

トムとケリーのロマンスの行方は? チャールズとジョーの秘密とは? テロリストの狙いは一体何なのか? トムのテロ対策チームはテロリストの陰謀を暴き未然に防ぐ事ができるのか? 続きが気になるのでページがどんどん進みました。
メインストーリーであるトムとケリーのロマンス、マロリーとデイヴィッドのキュートなラブストーリー、チャールズとジョーの美しい友情、そしてレジスタンス、ナチ占領下のフランスにおけるチャールズ、ジョー、シビルの切ない三角関係、それにテロリストの陰謀がうまく織り交ざって非常に読み応えのある作品でした。ラスト間際のチャールズの自己犠牲を顧みない行動には思わず涙が流れました。
ロマンス小説としてもサスペンス小説としてもとても満足のできるお話でした。


*スーザン・ブロックマンのウエブサイトによると、トムのファミリーネーム、「Paoletti」 は正しくは「パーレッティ」と発音するそうです。
今Troubleshooters シリーズをオーディオブックでも聞いているのですが、このシリーズはイヴ&ロークシリーズやBDBシリーズと違って、作品ごとに読み手が違っています。今のところ#1と#2を聞き終えて、#3を聞き始めたばかりですが、どのリーダーも「Paoletti」を 間違って発音しています。(笑)
三人のうち二人は「パオレッティ」(私もスーザン・ブロックマンのウエブサイトを見るまでは「パオレッティ」だと思っていました。)と発音し、あとの一人は「ペオレッティ」と発音しています。
やっぱり洋の東西を問わず、人名等の固有名詞の読み方は難しいようですね。


★★★★☆


スポンサーサイト

テーマ : 洋書
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

Ad
プロフィール

JJゆい

Author:JJゆい
True Blood(ドラマ&小説)他、多数のロマンス小説&海外ドラマに嵌っています。感想ですが本によっては英語になっています。

アンケート
Amazon.co.jp
カテゴリ
ブログ★ランキング
Twitter
最新コメント
リンク
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。