スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年8月読了本&オーディオブック


★本 - 1作品


Narcissus in Chains (Anita Blake, Vampire Hunter)Narcissus in Chains (Anita Blake, Vampire Hunter)
(2002/09/24)
Laurell K. Hamilton

商品詳細を見る

★★★★☆



★オーディオブック (Unabridged) - 11 作品


*オーディオブックが Amazon.jp にないものは、PB あるいは HC のイメージになっています。
(私は殆ど Audible でゲットしています。メンバーになれば断然お得です!!)


Cerulean Sins (Anita Blake, Vampire Hunter, Book 11)Cerulean Sins (Anita Blake, Vampire Hunter, Book 11)
()
不明

商品詳細を見る

★★★★★



Incubus Dreams (Anita Blake Vampire Hunter)Incubus Dreams (Anita Blake Vampire Hunter)
(2004/09/28)
Laurell K. Hamilton

商品詳細を見る

★★★★☆



Micah (Anita Blake Vampire Hunter)Micah (Anita Blake Vampire Hunter)
(2006/02/28)
Laurell K. Hamilton

商品詳細を見る

★★☆☆



Danse Macabre (Anita Blake, Vampire Hunter)Danse Macabre (Anita Blake, Vampire Hunter)
(2006/06/27)
Laurell K. Hamilton

商品詳細を見る

★★★★☆



The Harlequin (Anita Blake, Vampire Hunter)The Harlequin (Anita Blake, Vampire Hunter)
(2007/06/05)
Laurell K. Hamilton

商品詳細を見る

★★★★



Blood Noir (Anita Blake, Vampire Hunter)Blood Noir (Anita Blake, Vampire Hunter)
(2008/05/27)
Laurell K. Hamilton

商品詳細を見る

★★★★☆



Skin Trade (Anita Blake, Vampire Hunter)Skin Trade (Anita Blake, Vampire Hunter)
(2009/06/11)
Laurell K. Hamilton

商品詳細を見る

★★★★★



Flirt (Anita Blake, Vampire Hunter)Flirt (Anita Blake, Vampire Hunter)
(2010/02/04)
Laurell K. Hamilton

商品詳細を見る

★★★☆☆



Bullet (Anita Blake, Vampire Hunter)Bullet (Anita Blake, Vampire Hunter)
(2010/06/01)
Laurell K. Hamilton

商品詳細を見る

★★★



Hit List (Anita Blake-Vampire Hunter)Hit List (Anita Blake-Vampire Hunter)
(2011/06/09)
Laurell K. Hamilton

商品詳細を見る

★★★★



8月はアニータ・ブレイク シリーズ一色でした。リリースされている20作品を全て聴いてしまったので寂しいです。次の作品のリリースまでしばらく待たされそう・・・(;_:)

11巻から変わってしまったナレーターですが、17巻でまた最初のナレーターに戻りました。ただし、13巻のみ全く別のナレータで、この方の声&パフォーマンスとも私の好みではありませんでした。
18巻から(それとも17巻からだったかな?ちょっと記憶があやふやで・・・)またナレーションに音響効果が付いてストーリーを盛り上げてます。\(^O^)/
10巻も早く Unabridged 版がリリースされると嬉しいなー

私はきっと少数派のアニータ・ブレイク シリーズ ファンなのでしょうね。10巻以降も変わらず楽しませて頂きました。確かにこれまでと雰囲気が変わってしまいましたが、私はさほど気にもなりませんでした。中には、ちょっと・・・って思うシーンもチラホラありましたが・・・(笑)
そんなシーンを軽く聞き流せば、後は面白くて/続きが気になって止められず、次々と聴いてしまいました。


スポンサーサイト

テーマ : 洋書
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

アニタ・ブレイクさんのシリーズ

ゆいさん、書評で、シャーレインのスーキーシリーズが、このアニタさんの作品に酷似している、と指摘しているものをちょくちょく見かけます。そういう書評だと、設定が似てるとか、世界観?が似てると指摘しているのですが、結論としてはアニタさんの作品のほうがよくできている、という内容なのです。

ゆいさんはどちらもよんでおられるので、どうでしょうか?
私はこのアニタさんのシリーズ、気にしつつ、まだ読んでいないのです。こちらは「バンパイアハンター」とかいてあるので、バンパイアと敵対するお話でしょうか?
スーキーものと、アニタさんのシリーズと両方よんでいらっしゃるので、違いと、ゆいさんの(2作を比較した)感想を教えていただけると嬉しいです。
私も日本で探してよんでみたいです!バンパイアものが大好きなので。
万が一、翻訳が無い場合、洋書取り寄せとなるんですが、スーキーシリーズはすごくよみやすい文章で、私でも楽に読めるのですが、アニタさんのはどうですか?ちょっと難しいですか??

Re: アニタ・ブレイクさんのシリーズ

>ゆいさんはどちらもよんでおられるので、どうでしょうか?
確かに設定は似てるかなって思いますが、酷似しているとは言い難いのでは??
どちらの作品の方が良くできている・・・は、読者の好みの問題では?って思います。
私は両方とも大好きなのでどちらかが秀でているとは言えません。

>こちらは「バンパイアハンター」とかいてあるので、バンパイアと敵対するお話でしょうか?

ヒロインのアニータは法を犯したヴァンパイアーの死刑執行人/US マーシャル、アニメイター(墓場から死者を蘇生させる)、ネクロマンサーと肩書はいっぱい!(笑)


>スーキーものと、アニタさんのシリーズと両方よんでいらっしゃるので、違いと、ゆいさんの(2作を比較した)感想を教えていただけると嬉しいです。

どちらもとっても面白いです! 超お薦め!!
ためしに是非一度アニータ・ブレイクシリーズ、お読み下さい!
読み始めると、きっと嵌ると思います。私はすっかり嵌ってしまってどんどん聴いていきましたから・・・
違いは?と聞かれても、↑ でも言ったように設定は似ているかもしれませんが、酷似しているとは言い難いので、違いがいっぱいでリストアップしてたらキリがないと思います。(笑)
一つ挙げるとすれば、スーキーは結構(それともかなり?)モテモテですが、アニータはスーキーの比ではありません!超モテモテのハーレム状態です。(爆)
スーキーのボーイフレンド/愛人は一時期に一人ですが、アニータの場合、シリーズが進むに連れてボーイフレンド/愛人のハーレムが増える一方です。(笑)


>万が一、翻訳が無い場合、洋書取り寄せとなるんですが、スーキーシリーズはすごくよみやすい文章で、私でも楽に読めるのですが、アニタさんのはどうですか?ちょっと難しいですか??

翻訳版、今アマゾンで見てきましたが、5冊リリースされているようです。
ただ、原書の2巻が飛ばされているようです。原書の3巻が翻訳版の2巻になってました。なぜだろう?? それとも私の探し方が悪い??
スーキー・スタックハウス シリーズもアニータ・ブレイク シリーズも私は難なくオーディオ版で楽しめましたが・・・

>原書の2巻が飛ばされているようです。原書の3巻が翻訳版の2巻になってました。なぜだろう?? 

翻訳版4巻あとがきによると、「編集部と協議の結果、やや本筋を離れた第二作を泣く泣くとばすことにな」ったそうです。また、「シリーズがどんどん売れてくれたら、いつか外伝としてご紹介できるかもしれません」とのこと。

>リリースされている20作品を全て聴いてしまったので寂しいです

すごいですね!!! 私は5巻までは翻訳版、それ以降はレビューを見て気になった巻だけ洋書で読んでます。なので穴だらけです・・・話についていけているかあやしいものです。変な読み方をしてしまい、ちょっと後悔してますが20巻はやっぱり多くて・・・。

"obsidian butterfly"が特に印象に残っていて、エドワードの意外な私生活に驚かされました。まさか死神の口から"honey-pot"という言葉が出てくるなんて!




Re: タイトルなし

> 翻訳版4巻あとがきによると、「編集部と協議の結果、やや本筋を離れた第二作を泣く泣くとばすことにな」ったそうです。また、「シリーズがどんどん売れてくれたら、いつか外伝としてご紹介できるかもしれません」とのこと。

そういうことだったんですね。
ありがとうございます。
でもどうして「やや本筋を離れた・・・」と思ったのだろう??


> 20巻はやっぱり多くて・・・。
そうですよね。
だから私もこのシリーズをずっと先延ばしにしていて、今回やっと最新巻に追いつけました。(笑)
でもとっても面白いので、もっと早くに聴いておけばよかった!とちょっと後悔してます。


> "obsidian butterfly"が特に印象に残っていて、エドワードの意外な私生活に驚かされました。まさか死神の口から"honey-pot"という言葉が出てくるなんて!

同感!!!!
riku さんと同様で私もエドワード、とってもお気に入りのキャラです♪
エドワードが登場する作品はどれも面白くてとってもお気に入りです!
最近?の作品では "Skin Trade" が特にお気に入り!
ちなみに最新作にもエドワード登場してますよ♪

教えてくださってありがとうございます!

ゆいさん、rikuさん、教えてくださってありがとうございます!
アニタ・ブレイクシリーズ、あらすじみるだけで読みたくなってしまっていたので、お二人に背中を押された感じです(笑)
しかし20巻!かなりハイペースで出版されてるんですね、
でも大人気ならドラマ化してそうなもんですが、このシリーズはドラマ/映画化してないんでしょうか?

翻訳はまだ6巻分しかないようなので、最初から洋書で統一して、難しいようなら翻訳本で後追いしてみようかと、お二人のコメントをみて思いました。
円高のおかげで洋書文庫本が安くなっているので、頑張ってよんでみようと思います。教えてくださって、ありがとうございます!

Re: 教えてくださってありがとうございます!

> しかし20巻!かなりハイペースで出版されてるんですね、
スーキーシリーズと同じで、1年に1冊のペースだと思うのですが・・・

> でも大人気ならドラマ化してそうなもんですが、このシリーズはドラマ/映画化してないんでしょうか?

確か数年前にテレビ映画化の話が進んでいる・・・と聞いたのですが、まだ具体化されてないようですね。


> 頑張ってよんでみようと思います。
念のため・・・
10巻以降、ちょっと作風が変わります。
だんだんラブシーンが増えて、きわどくなっていきます。
これまでに、J. R. ウォード、リサ・クレイパス、シャノン・マッケナ、エリザベス・ホイト、ステファニー・ローレンス、リンダ・ハワード、SEP 作品(リストアップしていたらキリがないのでこの辺りで・・・笑)を読まれて、ラブシーンが大丈夫ならアニータ・ブレイクシリーズの10巻以降も問題ないと思います。(笑)
Ad
プロフィール

JJゆい

Author:JJゆい
True Blood(ドラマ&小説)他、多数のロマンス小説&海外ドラマに嵌っています。感想ですが本によっては英語になっています。

アンケート
Amazon.co.jp
カテゴリ
ブログ★ランキング
Twitter
最新コメント
リンク
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。