スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lover Awakened by J.R. Ward

Lover Awakened: A Novel Of The Black Dagger BrotherhoodLover Awakened: A Novel Of The Black Dagger Brotherhood
(2006/09/05)
J.R. Ward

商品詳細を見る


The Black Dagger Brotherhood - #3


J.R. ウォード はこのシリーズで Lover Awakened が一番お気に入りの本だそうです。またゼィディストは彼女が今まで執筆した全ての本の中で一番好きなヒーローだと言っています。
ですが、Zが顧みる過去のシーンが余りにも残酷なため、二度とこの作品は読めないそうです。



Lover Awakened はブラザー達の中で最も苦悩したヒーローと言っても過言ではないゼィディストの本です。
この本ではZとベラのラブストーリー、そしてZとフューリーの兄弟の絆にスポットライトが当たります。
Zはこれまでの本で非常に冷酷、凶暴、理解しがたいキャラクターとして知られていましたが、この本ではこれまで不可解だったZについて深く知る事ができます。

Zの過去を知って、これまでの彼の行動、言動、態度等に納得がいきました。
100年に渡る非人間的で残酷極まる精神的、肉体的、性的虐待に奴隷とて堪え忍んできたZが、そのために自己憎悪に陥り、自分を虐待し、痛みを課す事によって喜びを感じる事、他人に触れられる事が我慢ならない事、また獰猛、残忍と恐れられてきた裏に潜むZの脆い面などが良く理解できました。

ベラはとてもタフで強く、非常に好感の持てるヒロインでした。
レッサーに拉致され長期間、囚われの身になっていたにも拘らず、その悪夢から立ち直なりおます。それだけでも十分に賞賛に値するのですが、その上に、Zを愛する事によって、自滅寸前の彼を救おうと決意します。 もちろん複雑極まるZを救う事は至難の業で、ダメもと覚悟で幸せを掴むために果敢に挑むベラは、Zに相応しい素晴らしいヒロインでした。

Zとベラのロマンスは波乱万丈のラブストーリーで、胸を締め付けられるシーンから心にジーンとくる感動的なシーンまで盛りだくさんでした。
お気に入りのシーン、たくさんありますが、やっぱり “I LOVE YOU” のシーンは格別で感慨無量でした。またラストのハッピーエンドも、過酷で悲惨な過去を克服してきたZだけに、深く深く心が揺さぶられました。 

ZとフューリーのシーンもZとベラのシーン同様、名場面で溢れていていました。
フューリーもベラを愛してしまったために二人の間に葛藤が生じ、かなり辛いシーンもありましたが、二人の美しき兄弟愛、そして二人の固いきずなは感涙もので心が震えました。
また、Zに幸せになってもらいたいと願う思いと、ベラに対する報われない愛との板ばさみになるフューリーの切なさに心が痛みました。

とにかくこの作品は本当に見どころ(読みどころ)満載で、メインストーリーと並行して様々な出来事が進展していきます。最後まで目が離せないストーリー展開で、すっかりのめり込んでしまった私は、喜怒哀楽などの目まぐるしい感情の変化に翻弄されました。
ネバー・エンディング・ストーリーであってほしかったこの Lover Awakened は不可能を可能にした、ベラの愛のパワーに脱帽の一冊でした。


* The Black Dagger Brotherhood: An Insider's Guide に収録されているノベラ、Lover Mine はこの本のエピローグ前のお話です。J.R. ウォードがLover Awakenedで書ききれなかった事も含めて、彼女の思い入れいっぱいのZとベラのショートストーリーです。まだの方は是非お読み下さいね。


★★★★★


スポンサーサイト

テーマ : 洋書
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

Ad
プロフィール

JJゆい

Author:JJゆい
True Blood(ドラマ&小説)他、多数のロマンス小説&海外ドラマに嵌っています。感想ですが本によっては英語になっています。

アンケート
Amazon.co.jp
カテゴリ
ブログ★ランキング
Twitter
最新コメント
リンク
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。