スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“Dead Reckoning” by Charlaine Harris (Part 3/3)


dead reckoning audio



Sookie Stackhouse Novels/Southern Vampire Mysteries - #11

シャーレイン・ハリスの The Southern Vampire Mysteries/Sookie Stackhouse Novels (aka True Blood/ トゥルーブラッド ) シリーズの11巻です。

この最新作のあらすじはいつもより長くなってしまったため、全部で3つに分かれています。
こちらは “Dead Reckoning”(トゥルーブラッド 11巻)あらすじパート3になります。
もう言うまでも無いと思いますが、 『ネタバレあり!!』 です。 それでもよろしければ「続きを読む」をクリックして下さいね。



・土砂降りの中、スーキーは仕事から帰宅する

・裏口のドアが開いているのに気付いたスーキーは警戒し、直ちにその場を去ろうとするが私道を塞がれたため車を飛び出す

・追っ手がかかる中、スーキーは全力で走ってビルの家に逃げ込む

・中に入る前にスーキーは足跡を残さないように、ずぶ濡れ状態の服を全部脱ぎ捨て全裸になる(脱いだ服は追っ手に見つからないように隠す)

・家の中に入り、ビルの昼間の隠れ処を見つけたスーキーは、全裸で眠った状態のビルの傍で追っ手2人が去るまで潜んで待つ

・追っ手が隠れ処のすぐ上にいる時にビルが目覚めたため、スーキーはビルの上に飛び乗って、手でビルの口をふさぐ

・ビルはスーキーが何かトラブルに巻き込まれていることも、そしてもちろん全裸で自分の上にいることにも気付くが、まだ日没でないためまた眠りに戻る

・ビルが完全に目覚めて間もなく二人の追っ手が立ち去る

・スーキーから事情を説明されたビルは様子を伺うために隠れ処を出る

・しばらくして隠れ処を出たスーキーはショールを見つけたので、それで全裸の身を包む

・スーキーとビルはダーモットの無事を確かめるためにスーキーの家に向かう

・二人は意識不明で血まみれになって倒れているダーモットを屋根裏部屋で見つける

・血まみれのダーモットを目の前にしたビルが自制心を失いかけていることを悟ったため、スーキーはすぐにその場を立ち去るようにビルに言う

・フェアリーの手当ての仕方が定かでないスーキーはクロードに SOS の電話をする

・しばらくして電話に応答したベレノス(エルフ)が駆けつけ、フェアリースタイルでダーモットを治療する

・ベレノスのおかげで早期回復したダーモットはベレノスと一緒に “ハンティング” (二人の獲物はダーモットを傷つけた二人の男(スーキーの追っ手と同じ人物)に向かう



・その夜、エリックとパムが予定通りに訪れる(ヴィクター暗殺計画を話し合うため)

・スーキーは二人に午後の出来事を話す

・“ハンティング” を終えたダーモットとベレノスは戦利品である獲物の頭を持ってスーキーのドアの前に現れる

・戦利品を目にしたスーキーのリアクションに後悔したダーモットとベレノスはモンローへ発つ

・スーキー、エリック、パムの三人がスーキーの追っ手を雇ったのは誰だろう?と話しているところにエリックの携帯が鳴る

・パムの反応からただの電話ではないと察知したスーキーはパムを問いただすが、エリックからのお達しでパムは答えることが出来ない

・パムのヒントからエリックの隠し事を見抜いたスーキーは愕然・落胆、ここしばらくエリックとパムの様子がいつもと違っていたのはそのためだったんだ・・・と悟る

・パムが激怒したエリックの命令でその場を去った後、エリックは “I love you” とスーキーに言って、詳細を話し始める

・エリックのショッキングな告白にスーキーは深く傷つく

・エリックは、アピアス・リヴィアス(エリックのメイカー)がもたらした苦境から抜け出すためにあらゆる手を尽くした・・・とスーキーに訴える

・そこへババが現れ、しばらくしてコルトンとガールフレンドのオードリーナがパムと一緒に到着する

・集まった5人はそれぞれ自分たちのヴィクター暗殺プランを出し合う

・スーキーの暗殺プランではババが重要な役割を果たすため彼の要望でビルを呼び寄せる
(ババがビルが同意すればヴィクター暗殺に参加すると言ったため)

・ヴィクター暗殺計画(スーキーが提案したプラン)を練りに練った後、解散する

・みんなが帰った後エリックとスーキーは、アピアス・リヴィアスが二人にもたらした大・大・大問題 について話をするが途中で行き詰まる

・明るい展望が見えないままエリックは去る

・ビルが再びスーキーの前に現れエリックとの事を尋ねる

・別れ際に(あきらめの悪い(笑)ビルは “I love you” と言うが、エリックのことですっかり意気消沈したスーキーの反応はほとんどゼロ



・翌日、スーキーは明日に迫ったタラのベイビーシャワーに向けて準備を整える

・モンローから戻ったダーモットと一緒に、スーキーは屋根裏部屋に保存してあったアデル、ミッチェル(アデルの夫)、フィンタン等の写真を見る
(フィンタンはアデルの夫に成り済ましているため見た目はミッチェル)

・その後、スーキーはマーロッツを訪れ財政難に陥ったサムを助ける

・スーキーはデーモン弁護士のミスター・カタリアディズからEメールを受け取る
(Eメール内容は、スーキーのフェアリー祖父フィンタンはミスター・カタリアディズの非常に親しい友人だった事、サンドラ・ペルト、“Cluviel Dor” について等)

・スーキーは以前にアメリアに依頼した “Cluviel Dor” のリサーチ結果をEメールで受け取る

・“Cluviel Dor” にどんな願い事をするかスーキーはあれこれ考える



・その夜、スーキーはヴィクター暗殺計画を実行すべくファングタジアに向かう

・キング・オブ・ロックンロールの歌が聴けるという誘惑に勝てなかったヴィクター(エルヴィスの大ファン)は、エリックからの招待を受け今夜ファングタジアに現れる予定

・スーキーはイマニュエルから、パムは許可なしで今夜ミリアムをヴァンパイアーにするつもりだったが一足遅かった・・・と聞かされる

・閉店後しばらくしてヴィクターが取り巻きと名の知れた優秀な副官を引き連れてファングタジアに到着する

・ババのミニコンサートが始まりまもなく感動したヴィクターの目から血の涙がこぼれる

・数曲後、エリックは不意打ちをかけてヴィクターの胸を杭で貫こうとするが、すばやく反応したアキロ(ヴィクターの副官)に阻止される

・これがきっかけとなり一斉に戦いが始まる

・闘争開始後しばらくしてヴィクター側で生き残ったのは、ヴィクター本人と副官アキロのみになるが、最終的に二人とも殺される

・血まみれのエリックやパム達が大勝利に歓喜する中、スーキー1人が勝利に酔いしれない

・パムがムスタファ(エリックの昼間のアシスタント/ウェアウルフ)の首に噛み付いて血を飲む中、エリックは笑顔でスーキーのもとへ

・エリックはスーキーを抱きしめ情熱的なキスをするが、勝利の喜びを分かち合えないスーキーは血まみれ+血なまぐさいエリックのパッションに応えられない

・スーキーは、血に染まった死体に囲まれた中で浮かれ騒ぐ気にはなれない・・・と言ってエリックの祝賀気分を台無しにする

・戦いで傷ついたエリックにスーキーは、血が必要でしょ・・・と言って自分を差し出す

・エリックは、君は偽善者だ・・・と言ってスーキーの喉に噛み付く。スーキーは痛みのあまり涙を流す

・怒りと羨望でその様子を見ていたビルはスーキーと目が合った後、エリックにストップをかけるために「シェリフ」と一言言う

・エリックが血を飲むのを止めないため、スーキーはエリックの耳たぶを思いっきりつねる

・「ビルに送ってもらうわ。明日の夜、話しましょ」と言うスーキーに、エリックは(グッバイ)キスをしようとするが、血まみれのエリックの口を前にスーキーは身を引いてしまう

・エリックはスーキーの心を探ろうと顔をうかがいながら「明日・・・」と言う

・スーキーの家に到着後、車内でビルはスーキーが同意せざるを得ないポイントを次々に並べていって、今夜の行動は決して間違っていなかったとスーキーに示す

・ヴィクター云々の話にもううんざりのスーキーは、生前のアピアスのもくろみ(=エリックのショッキングな告白)についてビルに話す

・その後ビルと別れたスーキーはシャワーを浴び眠りにつく



・翌日、予定通りタラのベイビーシャワーが開かれ、スーキーの家に大勢の女性ゲスト+ダーモットが集まる

・デーモン弁護士のミスター・カタリアディズが突然スーキーを訪ねる

・ベイビーシャワーが終了しゲストが去った後、スーキーはミスター・カタリアディズに祖母からの手紙を見つけたことを伝える

・ミスター・カタリアディズはスーキーがテレパシー能力を授かった経緯を明かす
(このシリーズでの大きな謎のひとつがついに明らかに!!)

・ミスター・カタリアディズは “Cluviel Dor” についてスーキーの質問に答え、また警告(フーリガンズのフェアリー達に “Cluviel Dor” を所持していることを決して知らせてはならない)を与えた後その場を去る

・サムとジャナリンの助けもあって、スーキーはつ・い・にサンドラ・ペルトと決着をつける

・警察沙汰にしたくない3人は、スーキーの提案で森にあるフェアリーのポーター(以前スーキーが散歩をしていた見つけた)にサンドラの死体を捨てる



* あらすじはいつもより詳しく書いていますが、それでも結構とんでるシーンがあります。


スポンサーサイト

テーマ : 洋書
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

Dead Reckoning

長い詳しいあらすじをありがとうございました
また順を追って読み返してこようと思ってます。

エリックのショッキングな告白の内容や、スーキーのテレパシー能力を授かった訳がすごく気になる所ですけど、まだ9巻目から読んでいないので、あれこれ空想して楽しむ事にします・・
でもあのビルの裏切りと同じくらいの衝撃度でしょうか?
やっぱりスーキーの恋愛他は一筋縄ではいかないですね。
気が早すぎなのですが、今までのペースからすると、12巻目が出るのはやっぱり来年ですよね?ゆいさん何かご存知ですか?


DR 3/3

>でもあのビルの裏切りと同じくらいの衝撃度でしょうか?
スーキーはエリックを愛しているのでかなり辛いです。
でもビルの告白の時と大きく違うのは、スーキーの怒りはアピアスに向けられています。
今回の場合、エリックもスーキーと同様で被害者ですから・・・
ビルの時は、スーキーが大激怒のあまり殆ど完全無視状態がしばらく続いてましたよね・・・(笑)

>12巻目が出るのはやっぱり来年ですよね?
シャーレインがQ&Aで1年に1冊・・・って言ってましたから、来年の5月頃になると思います。

いつも情報をありがとうございます!

ゆいさんはじめまして。
いつもゆいさんのトゥルーブラッドおよび小説の情報を唯一の頼みとして楽しみにしています!
日本ではまだ8巻までしかでていないので、まちきれず9,10巻の洋書文庫版を購入したものの、英語力がないので遅々としてすすまず。。(涙)ゆいさんのあらすじがとても参考になっています!ありがとうございます!
11巻は、洋書文庫がまだでていないので読めていません。10巻までよんでしまうと11巻が気になる。。!!
11巻をよんだ、ゆいさんの読後感想をおきかせください。

また、以前ゆいさんが、シャーレインがファンからよく質問されることについて答えている、7巻までのQ&Aをアップしてくださっていますが、8巻以降の質問についてもぜひアップしてください♪

試練に耐えて、エリックとスーキーがハッピーエンドになるのを信じたい私です。せっかく、あれだけの紆余曲折の末、ようやく9,10巻で相思相愛になったのにぃ~~!!
11巻の大問題のために、ビルとの時のように「恋人関係はあっさり」終わる、なんてことなく、最終のロマンスの相手がエリックであると信じたいです。。(泣)

一方のTVドラマはビルとスーキーを主軸にしたいんでしょうか??なんかちょっとエリックよりビルがインパクトあるように演出されてる気がするんですが。。

最新情報を楽しみにしてます!!

おはようございます!

yoko さん、はじめまして!
ブログを楽しんで下さっているようで嬉しいです♪

>11巻をよんだ、ゆいさんの読後感想をおきかせください。
ポジティブなレビューよりもネガティブなレビューの方が多いようですが、私はとっても楽しめました。
聴き始めたら途中で止められなくて最後まで一気に聴いてしまいましたから・・・
聴き終わったのは確か夜中の3時前後だったと思います。(笑)
11巻は9巻や10巻程のダークさ/血生臭さ/残酷さがなく、ロマンス、アクション、ミステリーで詰まってましたし、プロットもとっても興味深く、思わずプッとなるシーンも多々あり、またサプライズもあり・・・と盛りだくさんで最後までとっても楽しめました。
私にとってメインのエリック&スーキーのシーンもある1シーンを除けば、いずれもとっても満足できるあるいは納得のいくシーンばかりでしたし・・・

>8巻以降の質問についてもぜひアップしてください♪
今年中に翻訳本が10巻までリリースされると聞いたので、皆さんが読まれた後にまた8巻から10巻までアップしますね。

>11巻の大問題のために、ビルとの時のように
>「恋人関係はあっさり」終わる、なんてことなく、
それはまずないと信じています!!

>最終のロマンスの相手がエリックであると信じたいです。。(泣)
本当にそうですね。
そんなファンは大勢いると思います。

>一方のTVドラマはビルとスーキーを主軸にしたいんでしょうか??なんかちょっとエリックよりビルがインパクトあるように演出されてる気がするんですが。。

これはアクターとの契約上(この場合、スティーヴン(ビル役のアクター)を男性のリードアクターとして、シーズン1前後に5年契約でサインしている)、またクリエイターのアラン・ボールがビルファンでスーキーとビルはソウルメイトであると信じているため、どうしてもそうなってしまうようです。

そうだったんですね!

ゆいさん、コメントに返信してくださってありがとうございます。

>これはアクターとの契約上(この場合、スティーヴン(ビル役のアクター)を男性のリードアクターとして、シーズン1前後に5年契約でサインしている)、またクリエイターのアラン・ボールがビルファンでスーキーとビルはソウルメイトであると信じているため、どうしてもそうなってしまうようです。

なるほど、、だからシリーズ1は、小説とまあだいたい同じだったのに対し、シリーズ2,3,4、と進むにつれドラマがどんどんオリジナルとかけ離れた内容になってきたんですね。
うーん、たしかにビルはスーキーのために自己犠牲もいとわない、というスタンスなので、アランボールさんがビルがソウルメイトだと思うのは納得できますが、でも小説のビルはちょっとオタクなバンパイアで、ひっこんだ感じなので、エネルギッシュなスーキーとつりあってない感じがありますよね、、大事な友人ていう感じがします。

読後感想をありがとうございます!
ゆいさんの感想をよんで、ちょっと安心しました。9巻10巻は痛々しい箇所が多かったので、11巻に期待したいと思います。でも、あと2巻で終わる予定なんて、残念ですね!!もっと続いてほしい~~または外伝的な作品などがでたらうれしいな、と思ったりします。パムが主人公とか(笑)
(Two Blondesは面白かったです!!)

微妙な言い回しなど、翻訳力がほとんどない私にはところどころ??となることがあり、ゆいさんのあらすじをガイドに、9巻10巻もよんだので、11巻も洋書でよむときに、ゆいさんのあらすじを頼りによみたいと思っています。
これからもいろんな情報楽しみにしています♪

おはようございます!

>小説のビルとドラマのビル
小説のビルは3巻で好感度が激減、そして6巻で好感度0どころかマイナスに・・・(笑)
9巻でビルは好感度を少々挽回しましたが・・・(笑)
ドラマではシーズン1のビルが小説よりも好感がもてたので、ドラマのビルの方が小説のビルよりも好きかなって思っていたのですが、シーズンが進むにつれてドラマのビルよりも小説のビルの方が好きだなって思うようになりました。(笑)
ドラマのビルは小説のエリックのシーンを盗んだり、エリックを何度か殺そうとしたので・・・
スーキーへの裏切りもドラマの方がずっと酷かったですし・・・

>ショートストーリー
スーキーシリーズのショートストーリー、今年は2作品発売されます。
一つはつい最近リリースされたばかりで、もう一つはまもなくリリースされます。

Home Improvement : Undead Edition
Sookie Stackhouse Companion

で読めますよ!
どちらの作品もまたオーディオ版で聞いたら内容紹介しますね。


私のあらすじがお役に立っているようで嬉しいです。
勝手気ままに書いているブログですが、今後もお時間のある時にでも覗いてくださいね♪

ありがとうございます!

ショートストーリー、リリースされているんですね、楽しみです!
洋書をアマゾンで探してみます♪

ドラマのエリックは、すごくかっこいいし、私も大ファンですが、小説のエリックほど魅力的に描かれていないですよね??
LaLaTVがシーズン2までしか放送してくれていないので、エリックの役どころがいまいち光っていない感じです。
小説のエリックの箇所をビルが奪っているとしたら、ドラマのエリックっていったいどんな役なんでしょう?アランボールさんがビルとスーキーを主軸にしているなら、スーキーをめぐっての2番手にずっと甘んじるんでしょうか??
なんだか残念ですね。

LaLaTVの予定をみても、シーズン3を放送、とはでていないので、心配ですが、日本でもシーズン3,4とみれるのを期待してます。。
そういう意味でもゆいさんが現在放映中のシーズン4をアップしてくださっているのが本当にうれしいです。これからもよろしくおねがいします!!

ドラマのエリック

>小説のエリックほど魅力的に描かれていないですよね??
ないです!!!!
記憶を失ったエリックも前半はとっても Sweet, Cute & Playful でよかったのですが、後半のエリックの描かれ方が今ひとつで・・・
小説の記憶を失ったエリックの方が断然魅力的!!
アレックスに小説のエリックを演じて欲しかった!!!!

>LaLaTVがシーズン2までしか放送してくれていないので、エリックの役どころがいまいち光っていない感じです。

シーズン2、インパクトのあるシーンはありますが、登場シーンは少ないですものね・・・


>スーキーをめぐっての2番手にずっと甘んじるんでしょうか??
どうなのでしょう?
ずっと2番手だとエリックファンが黙っちゃいないと思いますが・・・(笑)
シーズン4はエリックのおかげで今のところずっと高視聴率が続いてます。

>現在放映中のシーズン4をアップして・・・
4巻は大のお気に入り作品だし、エリック&スーキーのストーリーラインも小説にそう遠くないので毎回楽しみです。
シーズン3とは大違い!!(爆)
3巻もとってもお気に入りの作品なので、ドラマのエリック&スーキーのストーリーラインには超ガッカリでした!

ビル奪還はエリックのおかげ!なのに

ゆいさん、お忙しいなか、コメントありがとうございます!
急いでお返事してくださらなくともよいですので、どうぞ気楽に、いろいろ教えていただけたらと思います。

>シーズン3とは大違い!!(爆)
3巻もとってもお気に入りの作品なので、ドラマのエリック&スーキーのストーリーラインには超ガッカリでした!

私も3巻はすごく好きです。アルシードはたしかにフレッシュな登場の仕方で、魅力的なんですが、役に立ったかというと、実際のビル奪還は、はっきりいってエリックとスーキーの見事なチームワークによるものですよね。
私はゆいさんがアップしてくださっている「シーズン3」しかみてないですが、みながら「あれ?なんか突飛な話で、全然ちがうなあ~!」とびっくりしました。シーズン3をすべてみられたゆいさんが全然違うとおっしゃるんですから相当違うんでしょうね。。。私もみたらがっかりしそうです。

原作では、ビルがどんどんメインキャラから外れるなか、アランボールさんがビルをメインに押し通そうとすると、はっきりいって名前だけ小説と同じで全然違う作品になっていきますよね。どう落とすつもりなんでしょうね??ドラマはドラマ、として内容がよければそれはそれで見る側も納得できますが、とはいえ、小説に沿った形で進んでほしいのがエリックファンとしての願いですよね、アレックス演じるエリック、とても魅力的であるだけに、ドラマがあまり破天荒にならないでほしいと思ってしまいます。。
あ、ドラマのコメントになってしまいましたので、次回からはドラマがアップされている箇所にコメントするようにしますね。
ブログにかきこむときのルールがよくわかっていなくてすいません。。

Dead Reckoning,友人が私の誕生日祝いに買ってくれることになったので、文庫化を待たずに読めそうです!ゆいさんのあらすじ翻訳を頼りに自分で読んでみようと思います!

おはようございます!

>実際のビル奪還は、はっきりいってエリックとスーキーの見事なチームワークによるものですよね。?

そうですね。
フルムーンの夜だったのでアルシードは途中でデビーと一緒に消えちゃいましたから・・・


シーズン3、エリック&スーキーのストーリーラインは、小説とかなり違います。


>原作では、ビルがどんどんメインキャラから外れるなか、アランボールさんがビルをメインに押し通そうとすると、はっきりいって名前だけ小説と同じで全然違う作品になっていきますよね。

そうですよね。
かなりファンフィクション/二次創作に近いものがあります。
ただ、エリック/アレックスファンは大勢いるので、スーキー、ビル路線が長続きすると、ファンが黙っちゃいないと思います。視聴率低下間違いなし!(笑)

>ブログにかきこむときのルールがよくわかっていなくてすいません
特にルールはないのでご自由に!

>Dead Reckoning,友人が私の誕生日祝いに買ってくれることになったので、文庫化を待たずに読めそうです!

Happy Reading!!
Ad
プロフィール

JJゆい

Author:JJゆい
True Blood(ドラマ&小説)他、多数のロマンス小説&海外ドラマに嵌っています。感想ですが本によっては英語になっています。

アンケート
Amazon.co.jp
カテゴリ
ブログ★ランキング
Twitter
最新コメント
リンク
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。