スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“Dead Reckoning” by Charlaine Harris (Part 2/3)


Dead Reckoning: A True Blood NovelDead Reckoning: A True Blood Novel
(2011/05/03)
Charlaine Harris

商品詳細を見る

Dead Reckoning: A Sookie Stackhouse Novel (Sookie Stackhouse/True Blood)Dead Reckoning: A Sookie Stackhouse Novel (Sookie Stackhouse/True Blood)
(2011/05/03)
Charlaine Harris

商品詳細を見る


Sookie Stackhouse Novels/Southern Vampire Mysteries - #11

シャーレイン・ハリスの The Southern Vampire Mysteries/Sookie Stackhouse Novels (aka True Blood/ トゥルーブラッド ) シリーズの11巻です。

少し前に第1章のあらすじをちょっぴり詳しく書いてしまったせいか、この最新作のあらすじはいつもより長くなってしまいました。(苦笑)
こちらは “Dead Reckoning”(トゥルーブラッド 11巻)あらすじパート2になります。
もう言うまでも無いと思いますが、 『ネタバレあり!!』 です。 それでもよろしければ「続きを読む」をクリックして下さいね。



・アンティークショップのオーナ達が去ってしばらくした後、スーキーはマーロッツへ

・まもなくジャナリンがサムからプレゼントされたイヤリングを身に付けてマーロッツにやって来る

・ミスター・カタリアディズ(デーモン弁護士)の依頼でジャック&リリー (PI/ トゥルーブラッド5巻を参照)が、サンドラ・ペルト(デビー・ペルトの妹)に要注意!!とスーキーに警告するためにマーロッツを訪れる
(ミスター・カタリアディズはジャックとリリーにマーロッツを訪れる日時を指定していた)

・間もなくスーキーを狙った4人の悪漢がマーロッツへ乱入するが、すぐさまジャナリン、リリー等にたたきのめされる

・負傷したジャックはリリーと一緒に病院へ向かう



・その夜、スーキーはミスター・カタリアディズにボイスメール メッセージを残す

・次にスーキーは、サンドラ・ペルト問題をなんとかするためにアメリアに電話、事情を話し彼女にヘルプを要請する

・ボブとよりを戻したアメリアはスーキーの要請を承諾、数日後にボブと二人でスーキーの家を訪れると言う

・電話を切った後、スーキーは祖母からの手紙を読む

・スーキーは、祖母アデルとフィンタン(スーキーのフェアリー祖父/ダーモットの双子の兄)の関係をより深く理解する

・ベルベット巾着の中身はフィンタンがアデルにプレゼントしたフェアリーの愛の証 “Cluviel Dor”
(アデルはフィンタンの死後、デーモン弁護士のミスター・カタリアディズから “Cluviel Dor” を受け取る)

・フェアリーの愛の証 “Cluviel Dor” は魔法のランプのようなものだが、願いが叶うのはたった一度きりで、しかもどんな願いでも叶えてくれるというわけではない

・マジカルパワーを秘めたこの “Cluviel Dor” 、見た目はミニチュアコンパクト、サイズはオレオクッキーを二つ重ねたくらい、色はクリーミーなライトグリーン

・スーキーはEメールでアメリアに “Cluviel Dor” のリサーチをリクエストする



・スーキーのシフト中、クレイジーなサンドラ・ペルトが怒り大爆発でマーロッツに突入しわめき散らす

・スーキーを殺そうとあの手この手を試みたが全て失敗に終わったため、痺れを切らしたサンドラはスーキーを自ら始末する為にスーキーの前に姿を見せる

・サンドラはスーキーを銃で撃ち殺そうとするが、サムの機転とテリーのおかげでスーキーは命拾いする

・負傷したサンドラは病院に運ばれるが、テリーはサンドラを殺してしまったと思って精神的に不安定な状態に陥ってしまう

・そんなテリーからスーキーはエリックとナイアルがテリーと交わした約束を聞かされる

・スーキーの危機を強く感じ取ったエリックはマーロッツの外でスーキーを待っている

・スーキーの無事を確認した後エリックは、もう二度とスーキーの恐怖感を感じたくない(誰かがスーキーを襲っているのに自分が傍にいないためにスーキーを助けられないのはもうたくさんだ!!)のでエリックの家に一緒に住むようにスーキーに言う

・エリックとスーキーは話し合うためにスーキーの家へ向かう

・二人の会話は、一緒に住む話からヴァンパイアー・マリッジ、テリーの事、二人の絆 (blood bond)、価値観の相違、スーキーの寿命・・・等の話になっていく

・二人の寿命の長さの違いから会話が行き詰ってやばーい雰囲気になってきた時、アメリアとボブが到着

・しばらくしてエリックはファングタジアに戻る

・アメリアとボブが就寝後、ビルがスーキーを訪ねる

・ビルは、ジュディス(トゥルーブラッド 10巻のあらすじを参照)を愛せれば(スーキーのことが忘れられるのでは・・・)と思ったが、結局はジュディスを愛せなかった・・・とスーキーに告げる

・秘かにビルの後をつけてきたジュディスは二人の話を聞いて酷く傷つく(ジュディスはビルを愛している)そしてビルの家をすぐに出て行くと言って立ち去る

・ビルはスーキーに愛している・・・と言ってあれこれスーキーを褒め称える

・その直後、ディアボーン(保安官)から電話があり、サンドラ・ペルトが病院から抜け出した・・・とスーキーに告げる

・ビルがスーキーのボディーガードの役目を買って出たので、スーキーは家に入り鍵をかけて眠りにつく



・翌日、スーキーは約束どおりハンター、レミーと一緒にハンターが秋から通う事になる幼稚園の見学に行く

・帰宅したスーキーは森へ散歩に出て、クロードが話していたフェアリーのポーターを見つける

・夕食を食べながらアメリアは、”blood bond” を解消する魔法をみつけた・・・とスーキーに言う

・二人が ”blood bond” で結ばれていなくてもエリックを愛していると確信したいスーキーは、戸惑いながらもアメリアにゴーサインを出す

・”blood bond” を解消するための魔法の儀式を終えるや否や、スーキーは今まで感じていたエリックの存在を失ってしまう

・直ちにエリックから電話がありスーキーの無事を確かめる。スーキーもエリックの無事を確認し安心する

・エリックに「何をしでかしたんだ?」と聞かれ、スーキーはアメリアが ”blood bond” を解消したことを伝える

・しばらく沈黙の後エリックは、ヴァンパイアー・マリッジは確かにスーキーの保護になるが、肝心なのは ”blood bond” なんだ・・・と答える

・スーキーはエリックに「こっちへ来て・・・」と頼むが、大激怒のエリックは「今アメリアを見たら彼女の首をへし折ってしまう・・・自分の感情がコントロールできるようになったら君に会いに行く」と言って電話を切る




・次の夜、エリックはスーキーに逢いに行く

・フロントポーチで待っていたスーキーは、エリックが車から出てくるや否や涙をこらえて「まだ怒ってる?」と聞く

・エリックの第一声は「まだ私/僕/俺を愛してるか?」

・スーキーに「先に答えて」と言われたエリックは「もう怒ってない」と答える

・エリックの問いにスーキーは「心から愛してるわ。 100%私自身の気持ちよ」と答える

・そして二人はポーチスイングでホットなラブメイキングを・・・

・しばらくして中に入った二人は、ヴィクター、ミリアム、パムとミリアムの関係などについて話し合う (エリックの言葉にスーキーが感涙するシーンも・・・)

・ヴィクターを消す話になった時(エリック、パムはもちろんのこと、スーキーもヴィクターの死を切望してやまない)、エリックはヴィクターの冷酷残忍さを物語るエピソードをスーキーに話す

・スーキーの提案で二人は、ヴィクターのクラブで警告してくれたウエイター(スーキーにフェアリーの血入りのグラスを教えてくれた)に会いに行くとこにする

・スーキーに聞かれてエリックは、亡くなったボビー(エリックの昼間のアシスタント)の代わりにババの推薦でヴィクターを憎むウェアウルフを雇ったと答える

・エリックは、念のために明日このウェアウルフの思考を読んでほしい・・・とスーキーに頼む

・Vampire’s Kiss で待ち伏せしていた二人は、コルトン(ウエイター)の後をつけて彼のトレイラーを訪ねる

・エリックとスーキーは、4人(エリック、スーキー、コルトン、コルトンのガールフレンド)で話をしているうちに、ヴィクターの冷酷残忍さを物語るエピソードで殺された女性がコルトンの母親だったと知る

・エリックから Vampire’s Kiss での警告のお礼に何を望むかと聞かれたコルトンは、ヴィクターを殺してほしい・・・と答える

・次の夜に4人はパムも交えてヴィクター暗殺計画を立てるためにスーキーの家に集まることにする

・トレイラーを出た二人はエリックの家に向かう

・酷く疲れたスーキーはすぐに眠りにつき、エリックはパムを呼び出し事の成り行きを伝える



・翌朝、帰宅したスーキーにとんだサプライズが待ち受けて・・・

・○○がほとんど裸の状態でスーキーのベッド中でスーキーの帰りを待っていた

・○○から事の経緯を聞いたスーキーはかんかん!!!!

・○○はもちろんのこと、○○をスーキーの部屋に入れたクロード、そして事の張本人のアメリアに大憤慨したスーキーは、全員(ダーモットとボブも)に家から出て行くよう言い渡す

・しばらくして自分の部屋を出たスーキーはバックポーチで一人残ったダーモットをみつける

・ダーモットの話を聞いて心を動かされたスーキーは、「まだ屋根裏部屋をリフォームする気がある?」とダーモットに尋ねる

・ダーモットは大喜びで「イエス!」と答え、早速リフォームの準備(ショッピング etc.)にとりかかる



パート3へ続く・・・

 
スポンサーサイト

テーマ : 洋書
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは

Dead ReckoningのPart 2ありがとうございます
ここまで読んできて、とにかくエリックとスーキーのやり取りに(*´∀`*)
スーキーに待ち受けていたサプライズの○○がとても気になる所ですが、これはお楽しみですね。

DR 2/3

>サプライズの○○がとても気になる所ですが・・・
誰だか大体想像つきますよね?

気になって仕方がない、翻訳版のリリースまで待てない!!という場合はおっしゃってくださいね。
ネタバレのしすぎかなって思って・・・
これはお楽しみの方がいいかなと思い○○にしました。
Ad
プロフィール

JJゆい

Author:JJゆい
True Blood(ドラマ&小説)他、多数のロマンス小説&海外ドラマに嵌っています。感想ですが本によっては英語になっています。

アンケート
Amazon.co.jp
カテゴリ
ブログ★ランキング
Twitter
最新コメント
リンク
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。