スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lover Avenged by J.R. Ward - 2

Lover Avenged: A Novel of the Black Dagger BrotherhoodLover Avenged: A Novel of the Black Dagger Brotherhood
(2009/11/24)
J.R. Ward

商品詳細を見る



The Black Dagger Brotherhood - #7


今回は日本語でちょっぴり長めのレビュー書いてみました。

Lover Avenged はヴァンパイアーとシンパスのハーフであるリヴェンジ(ナイトクラブ、ゼロサムのオーナー/麻薬密売人/売春斡旋人)とエレーナ(ヘイヴァーズのクリニックの看護婦)のロマンスがメインのお話で、ラスとべス、そしてジョンとゼックスの二組のカップルのお話をサブプロットとしてストーリーが展開していきます。
この本ではレッサー、ラッシュ、オメガ等のレスニング・ソサエティ関係の
シーンは少なめで、シンパスそしてリヴェンジの過去についてより深く知る事ができます。
これまでのBlack Dagger Brotherhood シリーズの中で一番長いお話だった事もあり、とても奥の深い、読み応えのある作品でした。
多々ある辛いシーンでは涙がこぼれ、二人の愛が眩しいほど美しいシーンでは思わずため息がこぼれ、またユーモラスなシーンでは笑わせて頂きました。


実を言うと、ゼィディストの本(Lover Awakened)を読んだ限りでは、、リヴェンジは余り好きなキャラクターではありませんでした。なので最初、#7は彼がヒーローだと知ってLover Avengedはそれほど期待してなかったんです。
ですが読み始めてだんだんと、"嬉しい間違い" に気づきました。悲惨な過去を克服したリヴェンジはとても素晴らしい真のヒーローでした。彼はブラザー達メンバーの一人ではありませんが、Lover Avengedを読み終えた頃にはすっかりお気に入りのキャラクターになっていました。
リヴェンジは本当はとても誠実で思いやりのある、愛情に満ちた(エレーナにとっては)メイト、(ベラにとっては)兄、(母親にとっては)息子、そして(ゼックス、トレェズ、アイアムにとっては)友人でした。
シンパスである事を暴露すると脅された時、愛する人たちのことを思い、彼らを守るためにこれまで築き上げたもの全てと自分を犠牲にして、シンパスコロニーに行く決意をしたリヴェンジに心が酷く痛みました。
エレーナもリヴェンジに相応しいとても素敵なヒロインでした。愛情と忠誠心に満ち溢れ、とても勇気があり、タフで、聡明で・・・と申し分のないキャラクターでした。
二人の愛はこの上なく美しく、本当にロマンティックでした。お互い相手を愛するが故、自分のことは二の次で、相手のことだけを思って行動する絶対的な無条件の愛にため息がこぼれ、涙が流れ、また胸が引き裂かれる思いでした。それ故、数々の試練や苦悩を乗り越えてようやく結ばれた二人に大感動でした。

ラスとベスのシーンでは、辛いシーンが多いこともあって涙が溢れることが多々ありました。ネタバレになり過ぎてもいけないので詳しいことには触れませんが・・・
ジョンとゼックス、このカップルは辛く切ないシーンの連続で本当に心が痛みました。(涙)
最初、ジョンの相手がゼックスだと知った時は「えええーーーっ!!!!」って感じでショックだったのですが、すっかり慣れてしまった今となっては、二人が一日も早く幸せになってくれる事を祈るばかりです。来年リリース予定のジョンの本(#8 Lover Mine)は、是非ともハッピーエンドであってほしいです。
他のブラザー達(ラスを除く)に比べるとトーメントのシーン、目立ちました。でも残念ながらいい意味で際立ったのではなく、こちらも辛いシーンが多く、彼の名前(Torment)通り、トーメントの苦悩に、そしてジョンとの痛ましいシーンに涙しました。 哀号・・・
ラッシュは相変わらず超????憎らしく、癪に障る、忌々しいキャラで、何度首を絞めてやりたいと思ったことか!!(笑)

とにかく見どころ(読みどころ)満載の作品でした。
ラスト、クリフハンガーだっただけに続きが気になって仕方ありません。
#8 Lover Mineのリリースはまだまだ先だけに悔やまれます・・・



★★★★★


スポンサーサイト

テーマ : 洋書
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

あらま、そう読むんですね

ゆいさん、こんばんは♪

> ゼックス、トレッズ

Xhex、Trez の読み方が全然わからなかったので、自分で勝手にヘックス、トレって読んでました。(苦笑)
ただ今、68章まで読んだところです。あともう少し。がんばりま~す。(^o^)丿

カタカナにするとそうなると思います

まほろばさん、先日は質問に丁寧に答えて下さってありがとうございました。
殿堂入りの2冊、私の積読本に追加しました。
今、スーザン・ブロックマンのTroubleshooterシリーズを読み始めたばかりで、15冊クリアしないといけないので、読むのは来年以降になると思いますが・・・

BDBシリーズは「これなんて読むんだろう?」って言葉がよく出てきますよね。今ぱっと出てこないのですが、私もオーディオブックを聞いて「あっ、こう読むんだ・・・」って言葉がいくつかありました。(笑)
またLAを読み終わられた頃にお邪魔させていただきますね♪

Trez

念のためオーディオブックで聞いてみました。
耳を澄ませて良く聞いてみると、「トレェズ」の方が近いような気がしないでもないです。

はじめまして

はじめまして。かいけママと申します。
私は最近このシリーズのことを偶然新聞で知り、
だまされたと思って読んでみたんです。
そしたら、はまりました~v-238すっかり

映画になったらいいなぁと思ったりもするのですが、
ちょっと微妙でしょうか?
他にもいろいろ面白い本があるんですね。
たくさん読んでいらっしゃってびっくりです。
参考にさせていただきますv-266

このシリーズ嵌りますよね♪

かいけママさん、こんにちは!
コメントありがとうございます♪

>私は最近このシリーズのことを偶然新聞で知り・・・
実は私も最近BDBシリーズを読んで、すっかり嵌ってしまったファンの一人です。しばらくの間、積読本状態だったんです。(笑)

>映画になったらいいなぁと思ったりもするのですが、
>ちょっと微妙でしょうか?
どうでしょう??
今、ヴァンパイアー ブームなので可能性は無きにしも非ずでしょうか??

>他にもいろいろ面白い本があるんですね。
>たくさん読んでいらっしゃってびっくりです。
>参考にさせていただきます
いえいえ、まだブログを始めてやっと1ヶ月なので、レビューの数も少ないですし、ご参考になるといいのですが・・・
Ad
プロフィール

JJゆい

Author:JJゆい
True Blood(ドラマ&小説)他、多数のロマンス小説&海外ドラマに嵌っています。感想ですが本によっては英語になっています。

アンケート
Amazon.co.jp
カテゴリ
ブログ★ランキング
Twitter
最新コメント
リンク
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。