スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Vampire Diaries Author L. J. Smith Fired


Vampire-Diaries.jpg



著者が自分の作品を書き続けることからお払い箱にされるってことがあるんですね・・・ 
ちょっとビックリ!!

 詳細はこちら・・・



Over the past few days, rumors have been flying that author L. J. Smith has been fired from writing the Vampire Diaries series. Now, Smith has seemingly confirmed those rumors in a blog post that mentions she’s going through “a difficult time.” Later in the post Smith says she “wanted and still want more than anything to be able to continue The Vampire Diaries series myself.”

So how can an author be fired from writing her own books? The way I understand it is that Smith signed a contract with Alloy Entertainment back in 1990 and they, therefore, own the rights to the Vampire Diaries books. Allegedly, Alloy and HarperTeen were not happy with the direction Smith was taking the series (SPOILER ALERT: she wanted to focus on Damon and Elena while the publishers were more interested in a Stefan and Elena pairing) and she was fired from writing future books.

The Vampire Diaries: The Return: Midnight is due out on March 15, 2011. According to Smith, all the writing in Midnight is her own. The next book in the series, Phantom, will be a mix of her writing and that of a ghostwriter.

So, Vampire Diaries fans, are you saddened by this news? Will you continue to read the books even if they aren’t written by L. J. Smith?


source: http://www.daemonsbooks.com/2011/02/09/vampire-diaries-author-l-j-smith-fired/#



ここ数日 The Vampire Diaries の著者 L. J. Smith がクビになった・・・って噂が飛び交ってましたが、 L. J. Smith 自身がブログで噂を認めたようです。 「是が非でも自身でヴァンパイアー・ダイアリーズ シリーズを書き続けたかったが・・・」とブログで言っているようです。お気の毒・・・

なんでも1990年に交わした契約によると出版社等がヴァンパイアー・ダイアリーズの権利を握っているもよう。その出版社等はスミスのプロットラインが気に入らないため(スミス自身はエレーナとデイモンの関係に焦点を当てたい、一方で出版社側はエレーナ&ステファンのカップルをメインにしたストーリーを望んでいる)スミスを解雇したようです。

著者 L. J. スミスによると、3月15日にリリース予定の The Vampire Diaries: The Return: Midnight はスミス自身の作品だそうですが、その次の作品 Phantom はスミスとゴーストライターの執筆がミックスされた作品になるもよう。


Midnight (Vampire Diaries: The Return)Midnight (Vampire Diaries: The Return)
(2011/05/05)
L. J. Smith

商品詳細を見る


3月15日にリリース予定の The Vampire Diaries: The Return: Midnight 、まだオーディオ版で聴くかどうか決めていなかったのですが、その次の作品 Phantom でどんな風にに路線が変わるのかちょっと興味があるので、やっぱり Midnight 聴こうかな・・・

それにしても皮肉ですね・・・
ドラマシリーズではデイモンの人気が凄いため CW はファンの要望にこたえてデイモンの出番をどんどん増やしているのに(ファンサービスのシーンも多々・・・笑)、小説では出版社等がデイモン&エレーナ カップリング路線が気に入らないらしく、ステファン&エレーナ中心のシリーズを要望しているのですから・・・


スポンサーサイト

テーマ : 洋書
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは

すごいびっくりな記事ですね@@
契約の内容は分かりませんが、出版社はそんなに強いんでしょうか?

そういえば、翻訳されていたものはエレーナ&ステファンという感じでした・・・
ドラマと少し流れが違うな~って思っていましたが。

ドラマではデイモン&エレーナ 人気なのに、出版社は反対なんてなんだか不思議な話ですね。ドラマ人気にあやかろうとか考えないのかな?

ゆいさん、もし続き聴かれたらまた感想聞かせて下さいね!

TVD

>出版社はそんなに強いんでしょうか?
出版社側がTVDの権利を握っているため仕方がないのでしょうね。

>翻訳されていたものはエレーナ&ステファンという感じでした・・・
現在どの本まで翻訳されているのですか?

>ドラマではデイモン&エレーナ 人気なのに
確かにそうですが、今のところステファンとエレーナがカップルです♪
デイモンの出番は増えてますが、まだ?エレーナとカップルになってません。

エリックファンは普通ならデイモンファンになるようですが、私はなぜかステファンの方がお気に入りです。(笑)

>もし続き聴かれたらまた感想聞かせて下さいね!
新シリーズ、最初の2冊とも面白くなかったので#3も全く期待してませんが(笑)、#4でどんな風にプロットやライティングスタイルが変わるのか興味があるので、面白くなくても聴くと思います。(笑)

こんばんは

現在どの本まで翻訳されているのですか?

>何冊目だったのか一度読んですぐ売ってしまったのであまり記憶にないのですが、たしか4冊出ていました。
エレーナは死んで、ボニーが出てくる章でした。原作はどうなのでしょう??

まだ?エレーナとカップルになってません
>ドラマはデイモンとエレーナはカップルになっていないんですね
2人の間で揺れ動いてるとか??

私はなぜかステファンの方がお気に入りです。(笑)

>そうでした!ゆいさんはステファン派なんですね
私はやっぱりどちらかといえばデイモンかな・・・
ありがちな悪い男にひかれてしまうパターンですね(笑)

The Vampire Diaries

>何冊目だったのか一度読んですぐ売ってしまったのであまり記憶にないのですが、たしか4冊出ていました。

私もTVDは聴き終わってすぐにiPodからデリートしました。
もう一度聴くことはまずないと思ったので・・・(笑)

>エレーナは死んで、ボニーが出てくる章でした。
ってことは最初のシリーズの#4(最終巻)まで翻訳されているってことですね。

>原作はどうなのでしょう??
今のところ新シリーズの#2までリリースされています。で、3月に#3が発売される予定。
この新シリーズ、最初のシリーズと比べると1作品の長さが、約2~2.5倍あるのですが、長いだけで少しも面白くないです。(笑)

>2人の間で揺れ動いてるとか??
まだ?そこまでもいってません。(笑)
ステファンとエレーナはラブラブです♪

>私はやっぱりどちらかといえばデイモンかな・・・
エリックファンならそうなるのが普通!(笑)
私はどうしてステファンの方がいいのかな??
Ad
プロフィール

JJゆい

Author:JJゆい
True Blood(ドラマ&小説)他、多数のロマンス小説&海外ドラマに嵌っています。感想ですが本によっては英語になっています。

アンケート
Amazon.co.jp
カテゴリ
ブログ★ランキング
Twitter
最新コメント
リンク
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。